NMC Horizon Report > 2017 Higher Education Edition (Japanese)
>高等教育向けの教育テクノロジーにおける重要な発展
>>導入ホライズン:2年から3年以内

次世代 LMS

導入ホライズン:2年から3年以内

要旨

序文

高等教育へのテクノロジー適用を推進する重要な傾向

長期間にわたる傾向:今後5年以上の期間にわたる高等教育の変化を推進

 > イノベーション文化の進展
 > より深い学習アプローチ

中期間の傾向: :今後3-5年の高等教育の変化を推進

 > 学習度測定への注目の高まり
 > 学習スペースの再設計

当面の傾向:今後1-2年の高等教育の変化を推進

 > ブレンド型学習デザイン
 > 協調学習

高等教育における技術導入の妨げとなる重大な課題

解決可能な課題:課題を理解しその解決方法も分かっている

 > デジタル・リテラシーの向上
 > フォーマル/非公式学習の統合

解決困難な課題:課題を理解しているが、解決策は明確になっていない

 > 教育格差
 > デジタルエクイティ(公平性)の向上

深刻な課題:取り組むのはおろか、定義すらできないほど複雑な課題

 > 知識の陳腐化の管理
 > 教育者の役割の再考

高等教育向けの教育テクノロジーにおける重要な発展

導入ホライズン:1年以内

 > 適応学習テクノロジー
 > モバイル学習

導入ホライズン:2年から3年以内

 > モノのインターネット(IoT)
 > 次世代 LMS

導入ホライズン:4年から5年以内

 > 人工知能(AI)
 > ナチュラルユーザーインターフェース(NUI)

調査手法

2017年高等教育専門家パネル

学習管理システム(LMS)は仮想学習環境とも呼ばれ、オンラインでの教材の提供、および学生の参加の追跡と報告を可能にする種類のソフトウェアとウェブアプリケーションから成る[i]。学習経験に関する一時的情報がが一ヵ所にま止められている場として、LMSはオンラインコースやブレンド型コースを管理し、運営するためにかなり前から世界のカレッジや大学によって採用されている。学生が、所属する教育機関のLMSを通じてシラバスや読書資料にアクセスし、課題を提出し、評点をチェックし、仲間や教師に連絡をとる一方で、教員がLMSを通じて個人とコースのレベルで学生の参加と成績をモニターすることは当たり前のように行われている。ただし、一部の思想的指導者は、現在のLMSの能力は限られており、それはLMSの焦点の幅を狭めて学習そのものよりも学習の運営管理に集中しすぎているためである、と考えている[ii]。次世代デジタル学習環境(NGDLE)[iii] とも呼ばれる次世代LMSは、個別対応をサポートし、ユニバーサルデザインの基準を満たし、形成的学習の評価においてより大きな役割を果たす、柔軟性のより高いスペースの開発を念頭に置いている[iv]。単一のアプリケーションとして存在するのではなく、「共通の基準を忠実に守り…一貫性を育成する一方で多様性を可能にするような、ITシステムとアプリケーション・コンポーネントの同盟」なのである[v]

概要

現在の高等教育におけるLMSは、Canvas、Blackboard、Moodle、Edmodo、Desire2LearnやSakaiを含むいくつかのブランドが支配的であり、主に全学レベルで導入されている[vi] 。大手ブランドを別にすれば、オルタナティブ学習やコース開発プラットフォームに属する市場の割合はごくわずかであるが、2011年に大規模オープンオンライン講座が出現したことによってオープンソースプラットフォームのOpenEdXの可能性に火がついた一方で、Helix LMSがオープン教育[vii]  やコンピテンシーに基づく学習など、急速に発展しつつあるオンラインアプローチのニーズを満たしている[viii] 。次世代LMSの道を切り開いていく土台は、教育者が学習経験を形作るすべての要素を一つずつにばらして、説得力ある独自の方法でオープンコンテンツと教育アプリを編集し直すことができるようにしたいという願望である。

LMSの技術的進歩は高度な学習分析、適応学習、ダイナミックな社会的交換を可能にしてきたが、課題は根強く残っており、そのために新しいモデルの設計が必要とされている。2017年高等教育専門家パネルは、LMSが自社のプラットフォームを厳格にコントロールする会社によって所有されているために、特性のセットを拡大して教育機関のニーズや教授法の進化と最もよく足並みを揃える方法で外部リソースを統合することが難しくなっているという所見を述べた[ix] 。 Google Apps、WordPress、SlackやiTunes Uなどのツールを活用する教員と学生は増えているが、これらのアプリへのアクセスは一般に、LMSの外部で行われている。さらに、ゲーミフィケーション、適応学習やOER(オープン教育リソース)は、学生が履修を修了するのを支え、値打ち感を高めるために教育機関が採用している技術の発展の数例にすぎないが、これら要素が常にLMSに統合されているわけではない。今日姿を現しつつある学習アプローチを組み込むだけでなく、証拠に根ざす明日の実践をサポートするに足るだけの敏捷性をもつエコシステムが必要である。

EDUCAUSEは2014年にビル&メリンダ・ゲイツ財団から、LMS事情に関する調査を実施して学生が高等教育で成功するための理想的なプラットフォームについての明確な概念を得ることを委託された。3本から成る報告書が、現在のLMSというエコシステムを記録し、次世代のニーズについて報告し、複雑な情報の海原を総合的にまとめて親しみやすい形式にまとめた[x] 。コミュニティの思想的指導者70名との話し合いから、次世代のデジタル学習環境の基本的属性が浮かび上がった。すなわち相互運用性、個人への対応、分析、助言と学習の評価、協力、そしてアクセスのしやすさとユニバーサルデザインである。総じて言えば、固有の要件とニーズに対応できるカスタムメイドの学習環境を生み出す柔軟性という力を教育機関と個人の双方にもたせるために、LMSに対して「レゴ」型アプローチをとることが推奨された[xi]

授業、学習、創造的探究との関連性

次世代LMSの包括的目標は、これらプラットフォームの焦点を、事務管理業務を可能にすることから学習行為の深化へとシフトさせることである。従来のLMSの機能は今なおこのエコシステムの一部であるが、様々な見直しの結果、汎用的なアプローチから、教員と学生全員の個別のニーズに対応するカスタマイズアプローチへと変化している。この種の環境は今のところ、現実というよりは願望であるが、いくつもの組織と研究機関が次世代LMSを構想し、開発する努力を行っている。実際的な方法で教育的達成を高める技術の進化に専念している組織、IMSグローバルは、学習ツールの相互運用性基準と、共通アーキテクチャーのためのAPI(アプリケーション・プログラミング・インタフェース)を開発した。このAPIは、教育機関がウェブベースのコンテンツと外部ホストによるコンテンツの双方を統合して、仮想環境をよりシームレスにカスタマイズすることを可能にする[xii]

習熟とコンピテンシーに基づく教育(CBE)のアプローチを採用する教育機関が増えているため、学習のエコシステムはスキルの獲得と評価のプロセスをサポートしなければならない。グランドキャニオン大学は、大量のオープン教育リソースと学習分析を活用するツールであるLoudCloud[xiii] を利用して、学習経験の個別対応化を行っている[xiv]。オンラインでのCBE提供をリードしていることが広く認められているウェスタン・ガバナーズ大学はLMSをもたず、その代わりにコースごとに、学生がプロジェクトや議論に携わり、無料の電子教科書にアクセスし、学習ポートフォリオを構築する固有の学習ポータルを設計した[xv] 。カーネギーメロン大学のオープン学習イニシアチブに由来する認知科学に基づいて開発されたプラットフォームであるAcrobatiqは、CBEとハイブリッドモデルにおける学生の達成を支援することを目指しており、インストラクショナル・デザイナー(ナショナル・ルイス大学のインストラクショナル・デザイナーを含む[xvi])が適応学習の機能をもつカスタムメイドのコースを案出することを可能にしている[xvii]

本レポートですでに探った適応学習テクノロジーテクノロジーの成長は、LMSが集め、分析することのできる膨大なデータのもつ可能性をも広げつつある。例えばSmart Sparrowは、教員が授業のニーズに応じてビジュアル性の高いコンテンツをカスタマイズすること、その上で学生が教材にどう取り組んでいるかを追跡して一般的なミスや勘違いに警告を出すことを可能にしている[xviii] 。次世代LMSで見込まれているのは、この種のデータが学生の人口統計的データ、評点、社会的存在感やその他のデータポイントとシームレスに情報集約されて、学習の進歩の全体像をより総体的に示すことである。もう一つ関心を引く分野は、自立学習のための広範囲にわたるリソースをまとめ、選別するプラットフォームである。イギリス領インド洋地域にある会社、SandstormはWordPressやEtherpadなど、オープンソースの最高のウェブアプリの作成を目指しており、Wekan[xix] は教育機関の学習のエコシステムとよりシームレスに統合する。[xx]  この戦略は個別対応と、絶えず拡大する大量のデジタルツールへのアクセスの拡大を重視している。EdCastは類似のモデルを用いて既存のLMSによるコンテンツの情報集約を行い、学習者のニーズに基づくリソースを推奨している[xxi]

次世代LMSの実例

以下のリンク先は、高等教育環境に直接の影響を及ぼす次世代LMSの利用例を示している。

自分専用のドメイン(Domain of One’s Own

go.nmc.org/domain

メアリー・ワシントン大学の教育・学習技術部門は、教員、職員および学生が自分自身のドメイン名を登録し、そのドメインと、ホストされている大学のウェブスペースとを自由に関連付けることができるようにするためのDomain of One’s Ownプロジェクトを開発した。同部門はドメインがコース活動にしっかり統合されることを確保するために、教員と綿密な協力を行っている。

マイ・オープンマス(MyOpenMath

go.nmc.org/mom

ソルトレーク市コミュニティカレッジはLumen LearningのMyOpenMathを採用した教育機関のひとつである。MyOpenMathはOERを基本とする学習ソリューションで、学生にとっての教材の手に入れやすさを大幅に高め、学生が補修コースと大学数学コースをしっかりと履修するのを支える上で役立ってきた。

ジョンズ・ホプキンズ大学のOsmosis

go.nmc.org/osmosis

Osmosisは、医学部の学生が医学部の課程履修に必要な、広範囲の内容を学ぶのに役立つよう設計されたLMSである。モバイルアプリによってサポートされているこの協調学習のフレームワークは、利用者の履修成功の向上へとつながっている。プロジェクトチームは、誰もがオープンアクセスモデルを通じてコンテンツを貢献することのできるクラウドソーシングモデル、Open Osmosisも開発中である。

推薦文献

次世代LMS についてさらに学びたい方のために、以下の記事および資料を推薦する。

次世代デジタル学習環境(NGDLE)のフレームワークのもつ6つの意味合い

go.nmc.org/6imp

(Malcolm Brown, Next Generation Learning Blog, 6 June 2016.) EDUCAUSEの学習イニシアチブ担当ディレクターが、政策と管理の果たす不可欠な役割や、教育機関が互いに協力し合う方法を考え直すことの必要を挙げながら、NGDLEの青写真に関してEDUCAUSE が行っている影響力の大きな仕事の主なテーマをまとめている。

オーサリングツールのアクセシビリティに関するガイドライン (ATAG) 2.0

go.nmc.org/atag

(W3C, W3C Recommendations, 24 September 2015.) 次世代LMSの開発に関わる高等教育専門家は、ユニバーサルデザインを促すウェブコンテンツのオーサリングツールを開発するためのガイドラインをまとめたATAG 2.0を参照すべきである。

LMSを超えて

go.nmc.org/beyondlms

(Audrey Watters, Hack Education, 5 September 2014.) 著者は批判的なレンズを用いてLMSの現状を検証し、諸外国が米国から価値のないモデルを採用するかもしれないことを警告し、よりオープンで参加型の学習を促すシステムを提唱している。

[i] http://searchcio.techtarget.com/definition/learning-management-system

[ii] http://er.educause.edu/articles/2015/6/whats-next-for-the-lms

[iii] https://library.educause.edu/~/media/files/library/2015/12/eli7127-pdf.pdf (PDF)

[iv] http://www.educause.edu/blogs/mbrown/lms-future-exploring-next-generation-digital-learning-environment

[v] http://er.educause.edu/articles/2015/6/whats-next-for-the-lms

[vi] http://mfeldstein.com/state-of-the-us-higher-education-lms-market-2015-edition/

[vii] https://open.edx.org/

[viii] http://www.helixeducation.com/

[ix] http://horizon.wiki.nmc.org/New+Topic

[x] https://library.educause.edu/resources/2014/9/next-generation-digital-learning-environment-initiative

[xi] https://library.educause.edu/~/media/files/library/2015/4/eli3035-pdf.pdf (PDF)

[xii] https://www.imsglobal.org/activity/learning-tools-interoperability

[xiii] https://support.gcu.edu/hc/en-us/articles/201883674-Accessing-Your-LoudCloud-Classroom

[xiv] http://www.bnedloudcloud.com/

[xv] http://teachonline.ca/sites/default/files/tools-trends/downloads/wgu.pdf (PDF)

[xvi] http://acrobatiq.com/news/underserved-students-thrive-with-universitys-new-format/#.WD8QtKIrLwc

[xvii] http://acrobatiq.com/

[xviii] https://www.smartsparrow.com/

[xix] https://apps.sandstorm.io/

[xx] https://sandstorm.io/go/education

[xxi] https://www.edcast.com/