NMC Horizon Report > 2017 Higher Education Edition (Japanese)
>高等教育向けの教育テクノロジーにおける重要な発展
>>導入ホライズン:1年以内

モバイル学習

導入ホライズン:1年以内

要旨

序文

高等教育へのテクノロジー適用を推進する重要な傾向

長期間にわたる傾向:今後5年以上の期間にわたる高等教育の変化を推進

 > イノベーション文化の進展
 > より深い学習アプローチ

中期間の傾向: :今後3-5年の高等教育の変化を推進

 > 学習度測定への注目の高まり
 > 学習スペースの再設計

当面の傾向:今後1-2年の高等教育の変化を推進

 > ブレンド型学習デザイン
 > 協調学習

高等教育における技術導入の妨げとなる重大な課題

解決可能な課題:課題を理解しその解決方法も分かっている

 > デジタル・リテラシーの向上
 > フォーマル/非公式学習の統合

解決困難な課題:課題を理解しているが、解決策は明確になっていない

 > 教育格差
 > デジタルエクイティ(公平性)の向上

深刻な課題:取り組むのはおろか、定義すらできないほど複雑な課題

 > 知識の陳腐化の管理
 > 教育者の役割の再考

高等教育向けの教育テクノロジーにおける重要な発展

導入ホライズン:1年以内

 > 適応学習テクノロジー
 > モバイル学習

導入ホライズン:2年から3年以内

 > モノのインターネット(IoT)
 > 次世代 LMS

導入ホライズン:4年から5年以内

 > 人工知能(AI)
 > ナチュラルユーザーインターフェース(NUI)

調査手法

2017年高等教育専門家パネル

モバイル機器の普及により、人々のコンテンツとの交わり方と人々の環境が変わりつつある。スマートフォン、スマートウォッチ、タブレットの処理能力が劇的に増えるにつれて、モバイル学習、すなわちmラーニングにより、学習者がどこにいても、多くの場合複数の機器を用いて、教材にアクセスすることができるようになった。便利さがこの戦略を求める原動力であり、教育アクセスを向上させることのできる、新たなモバイル強化型供給モデルが出現する可能性がある[i]。教師は、学生たちがコース・コンテンツとつながる新たな機会を生み出すことによって、より深い学習方法を促進するために、モバイル機器の能力を利用している。例えば、モバイル・アプリによって双方向のコミュニケーションがリアルタイムで可能となり、教育者が学生のニーズに効率的に対応するのに役立っている。この展開は、教育コンテンツの供給と開発の両方に影響を与えている。現場の調査によれば、教師たちはカリキュラムにモバイル機器を組み込むにあたって、今なお所属機関からの技術的・教育的支援を必要としていることがわかった[ii]

概要

スタット・カウンター社(StatCounter)は、2016年、世界のウェブ・ブラウジングの51.3%がモバイル機器とタブレット上で行われ、初めてデスクトップPCによるブラウジングを追い越したと報告した[iii]。グーグル社は産業の成長を牽引しているさまざまなモバイル・ファースト戦略を導入したが、なかでも注目すべきは、モバイル機器による使いやすさを検索結果の順位づけに含めたことである。同社は、最近、検索索引を主要なモバイル版と副次的なデスクトップ版とに分けると発表したが、このことは、最終的には、デスクトップ上の検索で得られる結果の更新数が、モバイルより少なくなることにつながる[iv]。高等教育は、授業と学習を強化するために、至る所に存在するモバイル機器を活用できる格好の位置にある。マグロウヒル・エデュケーション社(McGraw-Hill Education)とハノーバー・リサーチ社(Hanover Research)が2,600 名を越える米国の大学生を対象に行った調査によれば、およそ3分の2の学生が学習にスマートフォンを使うと回答している[v]。モバイル学習の世界市場は、2015年の79.8億ドルから2020年の376億ドルまで、年率36%で成長すると予測されている[vi]

オピニオンリーダーたちは、恵まれない学生にコンテンツを発信する能力を引き合いに出して、モバイル学習が公平性を高める可能性を強調してきた[vii]。ピュー・リサーチ・センター(Pew Research Center)は、スマートフォンの所有において、新興経済国が先進国に遅れを取る状況は今も続いていると報告する[viii]。しかしながら、アフリカにおけるモバイル機器の普及は進んでおり、モバイル契約の加入者は、2015年末時点で5億5700万人(全人口の46%)に上る[ix]。アフリカ全土において高等教育へのアクセスを増加させることを目指した、革新的なモバイル学習がある。ケニアのデイスター大学(Daystar University)は、主としてスマートフォンにより学生が教育学学士号を獲得できるプログラム、デイスター・モバイルを立ち上げた。このプログラムでは、モバイル・アプリが映像および双方向のコース教材をオンデマンドで配信する。教授陣はそのプラットフォームを使って学習者とやり取りし、追加の支援を提供する[x]

モバイル機器は、ユーザーが自分のペースで新しい主題を探求することを可能にする、個別化された仕事環境や学習環境への入り口となった。韓国のあるオンライン大学が行った研究では、常勤の仕事を持つ学生は、仕事を持たない学生に比べて、モバイルLMSを使う傾向が48%高いことがわかった。いつでもどこでも講義や学習教材にアクセスできる柔軟性が、働く学生のスケジュールに学術研究をうまく取り入れるのに役立ったと、研究者たちは結論づけた[xi]。学生たちは、コミュニケーション、協働、コンテンツの創作など、21世紀型スキルを実践するために、モバイルを使うことができる。モバイル技術を効果的に導入するには、まず始めに学習文脈を十分に評価して、その基礎の上に周到な計画を立てることが必要である[xii]。例えば、メルボルンのロイヤル・メルボルン工科大学(RMIT University)では、スペイン語を学ぶ学生たちが、自分の人柄や隣人たちについて描写した自叙伝ビデオを、スマートフォンで制作した。この活動は、学習者が語彙を増やすのに役立ったし、自分自身の生活視点から見たコース・コンテンツの実践的な応用となった[xiii]

授業、学習、創造的探求との関連性

モバイル機器は、学生と教師の相互関係に、より多くの機会を提供している。パデュー大学(Purdue University)が開発したホットシート(Hotseat)というアプリを使えば、学生たちは、匿名でまたはソーシャルネットワーク・アカウントを使って、授業中にリアルタイムで質問やコメントを投稿することができる。学習者は、ショートメッセージ・サービス(SMS)またはこのモバイル・アプリを通じて参加できる。ホットシートによって、学生たちは、互いの質問に答え、投稿に「いいね!」をし、世論調査やクイズに回答する。教授陣は、積極的関与が高まること、学生のフィードバックに基づいて授業を改善する能力があること、内気な学生が発言するのを助けることなどの有益性を挙げている[xiv]。教育者は、また、モバイル機器の能力を利用して、豊かな学習コンテンツを作ることができる。ネブラスカ大学リンカーン校(University of Nebraska-Lincoln)の教育・人間科学カレッジ(College of Education and Human Sciences)には、GoProとiPad を使って、一連の食品科学ビデオを作製した教授がいる[xv]。ビデオの一つは、360度の映像記録を使いながら、まるで実体験のように感じる食品科学部のラボツアーを提供する。ビデオでは、学生と教授陣が課題の解決策を見つけ出す場面を目の当たりにすることができる[xvi]

実地調査は、モバイル学習が学生の学業達成に影響を与え得ることを示している。モバイル学習活動が初年度解剖学コースの一部に組み込まれている英国のミドルセックス大学(Middlesex University)で、ある調査が行われた。実験グループの学生たちは、授業中に、iPadを使って、リアル・ボディワーク社(Real Bodywork)の筋肉および骨格の3D アプリにアクセスした。そのアプリは、学習者の記憶力を向上させるクイズやゲーム機能を含む。学生は、その技術を「面白い」と感じ、講義形式より実地体験を好むとのフィードバックがあった。また、iPadグループは成績も良かった[xvii]。さらに、モバイル学習は、いつでもどこでも教材にアクセスできるため、学習者の独立性を育み、生涯にわたる学習習慣を身につけさせる可能性を持っている。ケニア、ウガンダ、タンザニアでは、保健医療従事者が免許更新のための訓練を継続するのに、看護教育のモバイル・アプリのジブ(Jibu)が役立っている。教育機関もこのアプリを使って看護研修生を支援している[xviii]

モバイル機器をコースに組み入れようとしている教育者には、さまざまな資源が利用できる。Jisc は、広範にわたるモバイル学習ガイドを提供しており、そこには教育枠組みの調査、高等教育において進行中のモバイル学習構想の例と事例研究、および技術的考察が含まれる。教師たちがモバイル技術を取り入れる際には、単なるコンテンツの配信を越えて、リアルタイムの議論およびデータ主導型評価の支援に移行する、SAMR(代替・拡大・修正・再定義) モデルの採用を検討することが奨励される[xix]。セントラルフロリダ大学(University of Central Florida)の分散学習センター(Center for Distributed Learning)は、教師がコース・カリキュラムに導入するためのモバイル・アプリを、価格、プライバシー政策、コンテンツ評価などの基準を基に迅速な評価を可能にする、クリティーク・アット・ア・グランス(Critique-at-a-Glance(ひと目で評価))というモバイル・チェックリストを作った。 チェックリストの評価が終わると、ユーザーはフィードバックを受け取り、アプリのアクセスのしやすさ、FERPA(家庭教育の権利とプライバシーに関する法)の遵守、学生によるフィードバックの機会について掘り下げた評価を行うよう指示される[xx]

モバイル学習の実例

以下のリンクは、高等教育環境に直接関連する適応学習の実施例を提供している。

教室におけるモバイル機器の使用を考察する

go.nmc.org/ubit

ニューヨーク州立大学バッファロー校(University at Buffalo State University of New York)では、3部構成のデジタル・チャレンジ・シリーズが開催され、モバイル機器を教室に導入する経験を共有するために、学生と教授陣が参加した。このイベントでは、形式にとらわれずに使用するモバイル学習を、正式の実践に取り込むことに焦点が当てられた。

特殊教育におけるSTEAM (科学・技術・工学・芸術・数学)授業と学習のためにモバイル・アプリを調査する

go.nmc.org/spedapps

ケント州立大学(Kent State University)のスペッド・アップス(SpedApps)・プロジェクトは、特殊教育の教師と学生のために、検索可能なモバイル・アプリのデータベース作成を目指す。このプロジェクトは、独自のアプリも開発している。将来公開される予定のiPD と呼ばれるアプリは、専門能力開発のためのモバイル・プラットフォームを提供する。

あなたの授業にモバイル機器を使う

go.nmc.org/qilt

西オーストラリア大学(University of Western Australia)は、オンライン資源を投入して、教師たちが授業の管理にモバイル機器を導入するのを支援してきた。このウェブサイトは、確立された活動を強化するとともに、フィードバックと評価の効率化、および主体的な教室学習の促進など、新たな活動を導入するために、モバイル機器を利用する方法を提供する。

推薦文献

適応学習技術についてさらに学びたい方のために、以下の記事および資料を推薦する。

モバイル機器の使用法

go.nmc.org/uwmob

(Tara Coffin et al., University of Washington, accessed 12 January 2017.) モバイル学習の導入を妨げる潜在的な課題として、いかにして学生の気が散らないようにするか、教室の方針に対する学生の理解不足、そして教師への支援不足がある。著者たちは、学生の成功率を向上させるために、証拠に基づいたベスト・プラクティスに関する専門的訓練プログラムの開発を推奨する。 

ネパールの高等教育におけるモバイル学習の実践

go.nmc.org/nepal

(Krishna Prasad Parajuli, Open Praxis, 2016.) ネパール全土の6大学にまたがる研究によれば、学部学生の大多数がモバイル機器を学習に使用していることがわかった。モバイル機器の使用が確実にプラスの学習成果を挙げるためには、ネパールの教育機関が、教育学の文脈においてモバイル機器の理解を深める努力を継続することが不可欠であると、著者は結論づける。

学生主導型モバイル・アプリのデザイン:事例研究

go.nmc.org/ctumobile

(Constance Johnson, EDUCAUSE Review, 19 September 2016.) コロラド工科大学(Colorado Technical University)が、学生のためにモバイル学習アプリを開発する際に、学生主導型デザインという一つの目標があった。学生たちを利害関係者として選ぶことによって、彼らのニーズに最も合ったアプリの開発につながったのである。

[i] https://www.thecommonwealth-educationhub.net/wp-content/uploads/2016/04/eDiscussion-Summary-Increasing-Access-to-Education.pdf (PDF)

[ii] http://er.educause.edu/articles/2015/6/students-mobile-learning-practices-in-higher-education-a-multiyear-study

[iii] https://www.theguardian.com/technology/2016/nov/02/mobile-web-browsing-desktop-smartphones-tablets

[iv] https://www.theguardian.com/technology/2016/oct/14/google-desktop-search-out-of-date-mobile

[v] http://www.mheducation.com/news-media/press-releases/learning-analytics-new-likes-college-better-access-personalized-data-new-research.html

[vi] http://www.emerging-strategy.com/article/learning-on-the-go-the-rise-of-mobile-learning-across-the-globe

[vii] http://connectedlearning.tv/personal-stories/bryan-alexander-mobile-learning-equity-and-future-education

[viii] http://www.pewglobal.org/2016/02/22/smartphone-ownership-and-internet-usage-continues-to-climb-in-emerging-economies/

[ix] https://www.mobileworldlive.com/featured-content/home-banner/africa-hits-557m-unique-mobile-subs-smartphones-to-dominate-by-2020/

[x] http://www.universityworldnews.com/article.php?story=20160819075248597

[xi] https://www.researchgate.net/publication/305453720_The_use_of_a_mobile_learning_management_system_and_academic_achievement_of_online_students

[xii] http://www.educause.edu/eli/events/eli-course-mobile-higher-education

[xiii] https://ojsspdc.ulpgc.es/ojs/index.php/LFE/article/viewFile/494/457

[xiv] http://www.purdueexponent.org/features/article_9921c432-223a-508c-b9da-aaf0019fcafa.html

[xv] http://cehs.unl.edu/cehs/news/engaging-students-mobile-technology/

[xvi] https://www.youtube.com/watch?v=DJ-SFcA0zpk

[xvii] http://eprints.mdx.ac.uk/17589/

[xviii] https://www.elsevier.com/connect/m-learning-gives-kenyan-nurses-scalable-continuing-education

[xix] https://www.jisc.ac.uk/guides/mobile-learning

[xx] http://ucfmobile.ucf.edu/cdl/checklist/