NMC Horizon Report > 2017 Higher Education Edition (Japanese)

高等教育向けの教育テクノロジーにおける重要な発展

要旨

序文

高等教育へのテクノロジー適用を推進する重要な傾向

長期間にわたる傾向:今後5年以上の期間にわたる高等教育の変化を推進

 > イノベーション文化の進展
 > より深い学習アプローチ

中期間の傾向: :今後3-5年の高等教育の変化を推進

 > 学習度測定への注目の高まり
 > 学習スペースの再設計

当面の傾向:今後1-2年の高等教育の変化を推進

 > ブレンド型学習デザイン
 > 協調学習

高等教育における技術導入の妨げとなる重大な課題

解決可能な課題:課題を理解しその解決方法も分かっている

 > デジタル・リテラシーの向上
 > フォーマル/非公式学習の統合

解決困難な課題:課題を理解しているが、解決策は明確になっていない

 > 教育格差
 > デジタルエクイティ(公平性)の向上

深刻な課題:取り組むのはおろか、定義すらできないほど複雑な課題

 > 知識の陳腐化の管理
 > 教育者の役割の再考

高等教育向けの教育テクノロジーにおける重要な発展

導入ホライズン:1年以内

 > 適応学習テクノロジー
 > モバイル学習

導入ホライズン:2年から3年以内

 > モノのインターネット(IoT)
 > 次世代 LMS

導入ホライズン:4年から5年以内

 > 人工知能(AI)
 > ナチュラルユーザーインターフェース(NUI)

調査手法

2017年高等教育専門家パネル

本セクションで詳述する6つの教育テクノロジーは、調査、議論と投票の一巡が反復して行われる、ホライズン・プロジェクトのデルファイベースのプロセスを用いて、このプロジェクトの専門家パネルによって選択された。NMCホライズン・プロジェクトにおいては、教育テクノロジーは広義に、指導、学習、および創造的探究を向上させるために用いられる手段および資源と定義されている。検討の対象となったテクノロジーの多くは、教育のみを目的として開発されたわけではないが、この分野においては明らかに有用である。

専門家パネルのメンバーの意見が一致したテクノロジー進展は、今後5年間のテクノロジー計画と意思決定を推進する可能性がきわめて高く、時間的観点から3つのカテゴリーに分類される。すなわち、1年以内に広範囲での採用が予測される短期的テクノロジー、採用には2年から3年かかりそうな中期的テクノロジー、そして4年から5年以内に教育の主流になると予測される長期的テクノロジーである。テクノロジー進展の各トピックは、トピックの概要から始まる。

専門家パネルが検討したトピックの最初の一覧表は、そのテクノロジーの最初の起源と用途を基本として複数のカテゴリーにまとめられた。大きく取り上げられたテクノロジーの、特に世界の高等教育という枠組みの中での潜在的な活用法は、一連のオンラインディスカッションで考察されており、horizon.wiki.nmc.org/Horizon+Topics で見ることができる。

 

消費者テクノロジー
ドローン
リアルタイムコミュニケーションツール
ロボティクス
ウェアラブル・テクノロジー

デジタル戦略
地位検索知能
メーカースペース
保全&保護テクノロジー

インターネット・テクノロジー
ブロックチェーン
デジタル・スカラーシップ
モノのインターネット(IoT)
シンジケーション・ツール

学習テクノロジー
適応学習テクノロジー
マイクロ学習テクノロジー
モバイル学習
次世代LMS
バーチャル&リモートラボ

ソーシャルメディア・テクノロジー
クラウドソーシング
オンラインID
ソーシャルネットワーク
バーチャルワールド

可視化テクノロジー
3D印刷
情報可視化
複合リアリティ(MR)
バーチャルリアリティ(VR)

イネーブル・テクノロジー
感情コンピューティング
人工知能(AI)
ビッグデータ
エレクトロバイブレーション
フレキシブル・ディスプレイ
メッシュ・ネットワーク
モバイル・ブロードバンド
ナチュラル・ユーザー・インターフェース(NUI)
ニア・フィールド・コミュニケーション
次世代電池
オープン・ハードウェア
音声翻訳
バーチャルアシスタント
ワイヤレス電力

専門家パネルはプロジェクトの開始時に、教育と、教育にとどまらない分野の双方において用いられている多種多様な既存テクノロジーを特定し、文書化した広範囲に及ぶ参考資料を渡された。専門家パネルは、高等教育機関への応用がまだ遠すぎて現実的ではないような新たなテクノロジーについても考察を行うことを奨励された。また、過去のNMC ホライズン・レポートで取り上げていなかったテクノロジー進展についても提案を行った。それらが、高等教育における指導、学習と創造的探究とどの程度潜在的関連性を有するかを主な判断基準として、本レポートで取り上げるか決定した。

一巡目の投票で、専門家グループは上に示した基本セットを12のテクノロジー進展にまで絞りこみ、NMCのスタッフが次いでその詳細な調査を行った。次に各テクノロジー進展の調査結果がNMCホライズン・レポートの体裁で書き上げられ、それが最終投票の参考情報として用いられた。中間結果または最終レポートに入っていないテクノロジー進展については、プロジェクトwiki(horizon.wiki.nmc.org)で徹底的に論じられている場合が多い。あるテクノロジーがすでに高等教育において広く利用されていると専門家パネルが確信しているため、またはそれ以外であれば、そのテクノロジーが広く採用されるまでに5年以上かかると専門家パネルが確信しているために、投票対象とならない場合がある。興味をそそりながらも、それを具体化するに足るだけの、信頼のおけるプロジェクトの実例がないテクノロジー進展もある。

現在、NMCが継続的にモニタリングを行っているテクノロジー、ツール、および利用戦略のカテゴリーは7つある。これらのテクノロジーは閉鎖的なものではなく、むしろ、新たなテクノロジーを説明し、まとめて、学習と創造的探究にとって意義ある、または意義をもち得る発展の道へと進めるための方法を提供することを目的としている。7つのカテゴリーのリストはかなり一貫性があることが判明しているが、ほぼ毎回の研究サイクル毎に、新たなテクノロジーがこのリストに追加されている。その他に、統合されるか、または更新されるテクノロジーもある。全体的にこのカテゴリーは革新を考察するにあたってレンズの役割をしている。それぞれのカテゴリーは下記の通り定義づけられている。

消費者テクノロジーとは、余暇用および専門家用の目的で作られたツールであり、少なくとも当初は教育用に使われるように設計されたものではない。但し、この消費者テクノロジーは、学習補助として上手く役に立ち、また大学・カレッジでの利用に極めて適応する可能性がある。こうしたテクノロジーは、家庭その他の日常環境で一般的に使われているからこそキャンパスに持ち込まれるのである。

デジタル戦略とは、テクノロジーというよりはむしろ教室の内外を問わず指導と学習の内容を高めるためのデバイスおよびソフトウェアを利用する方法である。効果的なデジタル戦略は、公式な学習、非公式学習の両方で利用することができる。デジタル戦略が伝統的なアイデアや学習活動を超えて何か新しく、意味のある、そして21世紀的なものを作り出していくという点が興味深いところである。

イネーブル・テクノロジーとは、我々がデバイスおよびツールに期待しているものを一新する潜在力を持っているテクノロジーである。このカテゴリーにおいては、学習との関連付けはさほど容易ではないが、実質的な技術革新が目に見えるようになり始めるのは、まさにこのテクノロジーのグループにおいてである。イネーブル・テクノロジーはわれわれのツールの対象範囲を広げるだけでなく、ツールの性能や利便性も向上させる。

インターネット・テクノロジーには、我々とネットワークとの相互の働きかけの根底にあるテクノロジーをより透明かつ目障りでなく、使いやすいものにするのに役立つ技術と必須のインフラ設備が含まれる。

学習テクノロジーは、教育分野のために特別に開発されたツールと方策の両方で構成される。また、学習の役に立つようにする戦略と合致する他の目的から導入されるツールを有する開発の道筋もこれに該当する。これらのテクノロジーは、より利用しやすく且つ個人利用の仕様にすることによって、フォーマル/非公式を問わず、学習の有り様を変えている。

ソーシャルメディア・テクノロジーは、消費者テクノロジーの分類に含めることもできたのだが、最近とみにその存在感を増しており、また社会のあらゆる部分で広く利用されているので、独自の分野として引き上げられたものである。ソーシャルメディアとしてしっかりと確立してきており、絶え間なく次々と新たなアイデア、手法、開発が出現しており、早いペースで発達し続けている。

可視化テクノロジーは、単純なインフォグラフィクスから可視化データ分析の複雑な形態まで幅広い領域をカバーしている。共通しているのは、脳の固有の能力を刺激して、複雑な状況において、視覚情報の処理、パターンの認識、および順序の理解を迅速に行うことである。これらのテクノロジーは、増大するツールと工程の集合体であり、大量のデータを探り当て、動的にプロセスを探り、そして全体的には複雑なものをシンプル化するものである。

以降のページでは、2017年の高等教育専門家パネルが重要視している6つのテクノロジー進展について論じる。本パネルは、これらのテクノロジーには、教育、特に漸進的教授法と学習戦略の策定、教師の仕事の組織化、およびコンテンツの提供の準備において真の変革を助長するための潜在力があることで意見が一致している。このため、各項目は、テクノロジーの概観、教育、学習、または創造的探究との関連性についての考察、プロジェクト実例、推奨文献で構成されている。