NMC Horizon Report > 2017 Higher Education Edition (Japanese)
>高等教育へのテクノロジー適用を推進する重要な傾向
>>長期間にわたる傾向:今後5年以上の期間にわたる高等教育の変化を推進

イノベーション文化の進展

長期間にわたる傾向:今後5年以上の期間にわたる高等教育の変化を推進

要旨

序文

高等教育へのテクノロジー適用を推進する重要な傾向

長期間にわたる傾向:今後5年以上の期間にわたる高等教育の変化を推進

 > イノベーション文化の進展
 > より深い学習アプローチ

中期間の傾向: :今後3-5年の高等教育の変化を推進

 > 学習度測定への注目の高まり
 > 学習スペースの再設計

当面の傾向:今後1-2年の高等教育の変化を推進

 > ブレンド型学習デザイン
 > 協調学習

高等教育における技術導入の妨げとなる重大な課題

解決可能な課題:課題を理解しその解決方法も分かっている

 > デジタル・リテラシーの向上
 > フォーマル/非公式学習の統合

解決困難な課題:課題を理解しているが、解決策は明確になっていない

 > 教育格差
 > デジタルエクイティ(公平性)の向上

深刻な課題:取り組むのはおろか、定義すらできないほど複雑な課題

 > 知識の陳腐化の管理
 > 教育者の役割の再考

高等教育向けの教育テクノロジーにおける重要な発展

導入ホライズン:1年以内

 > 適応学習テクノロジー
 > モバイル学習

導入ホライズン:2年から3年以内

 > モノのインターネット(IoT)
 > 次世代 LMS

導入ホライズン:4年から5年以内

 > 人工知能(AI)
 > ナチュラルユーザーインターフェース(NUI)

調査手法

2017年高等教育専門家パネル

大学が起業家精神や発見を創出する場としての役割を強めるにつれて、高等教育は、イノベーションを推進する原動力として広く認識されるようになってきた。こうした傾向のなかで、人々の焦点は、新しいアイデアを探求する姿勢を育む価値を理解することから、多様化した個性あふれる教育機関でそのアイデアを再現する方法を確立することへと移行している。教育機関が実験を促進する様々な文化をどのように育成できるかをより深く理解するための研究がこれまで続けられてきた。こうした動向の大きな推進力となるのが、現状を打破して学習プロセスの重要な一部として失敗することを受け入れるよう高等教育機関に求めることである。起業家精神を高等教育機関に統合する取り組みを通じて、どんな大規模なアイデアにも出発点があり、学生と教員はそれを確実に前進させるために必要なツールを確保できるという認識がさらに進む[i] 。教育機関は、後れを取らないようにするために、新しいアイデアの創出や展開を阻む障害を取り除くことができるよう、カリキュラムを厳格に評価し、評価方法に対する変革を進める必要がある。

概要

教育機関は、学者や研究者が主にアイデアを創出してきた従来の学習法から離れつつあり、高等教育のイノベーションを加速している。新たな学習アプローチでは、大学が学者や研究者だけでなく学生、教職員のすべてが、新たな発見を成し遂げて実社会の問題に対するニーズを満たすソリューションを考案するためのインキュベーターとして機能することが促進される。TIAA研究所(TIAA=米国教職員保険年金協会)が発表した調査によると、以下の3つの要素が戦略的なイノベーションを推進しているという。1つ目は様々な技能や意見をもたらす多様性に富んだ人材、2つ目は、最高の評点を保証する、といった非本質的なインセンティブではなく、各個人の本質的なモチベーションをサポートする特別なリソースの必要性、そして3つ目はグループの総意として意思決定するのではなく、様々な経験に基づいて一人一人が多様性のある意見を発信することが奨励される自主性である[ii]

イノベーションを育むためには、教育機関は、創造性と起業家的発想を推進しつつ柔軟性も許容する体制を整備する必要がある。大学がこうした体制を整備するには、アイデアを実験したりテストすることを通じてリスクを厭わない行動力を奨励する環境を構築する必要がある。ハーバード大学の教授は、あるインタビューで、教育機関は「育成し、統合すべき」と述べている。このコンセプトの根拠のパイロットテストを実施することで、成功する変革手法を見つけることができるが、この方法の重要な側面の1つは、失敗のリスクを許容することである[iii] 。University of Malaysiaの教員は、より多くの起業家的発想の持ち主を輩出する方法について深く理解しようと、大学の環境と学生の行動に対するその影響の関係について調査した。四次元的フレームワークを使用した調査の結果報告は、好奇心や創造性などの学生の親イノベーション的な行動は、チームワーク、支援、モチベーション等の建設的な内・外的な要因の確立に起因すると結論づけている[iv]

この傾向が教育機関に定着する前に、教職員は、新たな指導・学習法を導入するための適切なツールを準備する必要がある。高等教育の専門誌The Chronicle of Higher Educationは、「Great Colleges to Work For(職場として最高の大学)」プログラムで1,200を超える教育機関にインタビューを実施して、イノベーションを推進するためにはどのようなサポートが必要なのかを明らかにしている。彼らはインタビューの回答を分析・分類して、包括的な次の5つのテーマを明らかにした。開放的なコミュニケーションの必要性、学部間の協力、現状打破を試みる際の雇用の保証、責任の共有、そしてトップダウン型の支援である[v]。教育リーダーは、変革後も、学生の成功こそが教育機関のイニシアチブの究極の目的であることに変わりはないことに加えて、すべての関係者が発明や発見を推進する文化を発展させるために必要な変革を支援できるように彼らに権限を付与する必要があることも認識しなくてはならない。

政策、リーダーシップ、実践への影響

最近の文献は、革新的な指導・学習方法のためにより多額の資金を調達しようとする教育機関を支援する政策の必要性を強調し、より戦略的に資金を配分して、課程を修了して学位をとる学生を増やすための取り組みに資金が配分されるよう米国政府に訴えた。例えば、HCM Strategistの「Driving Better Outcomes(より良い結果を導く)」の一連の報告は、結果重視の資金配分を重視している。この資金配分では、卒業生数の多い教育機関にインセンティブが与えられる。こうした構造が確立されれば、大学は、移民二世など家族で初めて大学へ進んだ者、少数民族、低所得層の学生の在籍率や卒業率を向上させることに的を絞った支援を提供する教育モデルを採用しやすくなる[vi] 。従来の高等教育の枠組みを進化させようしている組織もある。世界有数のシンクタンク、Information Technology and Innovation Foundation (ITIF)は、発表したレポートの中で、教育機関に学習と資格認定を混同しないよう呼び掛けている。このレポートの筆者たちは、学生が彼らのスキルや知識を将来の雇用主となるかもしれない人たちにさらに効果的に実証できるよう支援する方針へと変更することを支持している。ITIFは、こうした目標の実現に向けて、高等教育法(Higher Education Act)の再認可時に、新たな資格認定当局、卒業証書に代わる資格、こうした代替策をサポートする連邦の資金援助の活用などを含む改革法案を連邦議会が制定するよう提案している[vii]

高等教育情報誌、ザ・タイムズ・ハイアー・エデュケーション主催の2016年アジア大学サミットは、環境、経済、社会に影響を与える変革を実現するための新しいアイデアの模索を受け入れる文化をどのようにアジアの大学は育んでいるのかを重要テーマに掲げていた。基調講演者は、高等教育は、発見、学習支援、学習が制約なしに発生するエコシステムを育む能力において秀でていることを主張した[viii] 。香港大学の学長は、サミットでのセッションに先立ち準備した文章で、香港大学の10カ年計画の骨格となる「iワード」をまとめている。そこには、internationalism(国際主義)、interdisciplinary(学際的)、impact(影響・効果)、そしてinnovation(イノベーション)という言葉が盛り込まれている。彼は、大学のリーダーが学習のひとつの側面として、失敗を恐れず受け入れる環境を育むべきだと述べており、これはアジアの大学文化の大きな課題といえる。[ix]このような実験を何度も繰り返せる環境を実現するためには、専用のスペースが必要になる。例えば、ペンシルベニア州のメーカーコモンには、発明スタジオがあり、そこにはlittleBits、Arduinos、Raspberry Pis、Phillips HUE lightbulbs等のツールが備えられて、コネクティッドテクノロジーを使用してカスタマイズされたソリューションを構築する実践的な体験を学生に提供している。[x]

こうした傾向の重要性を認識した大学に向けて、大学全体で進歩的な文化を推進しようとするプログラムが本格化しつつある。シドニー大学は、Inventing the Future(未来への投資)イニシアチブのパイロットテストを実施している。この取り組みは、製品開発を通じて学際的に協力するスキルの構築を目的とするもので、学生は協働して新商品のコンセプトを考案する作業、試作、資金調達に取り組む。[xi] Nesta は、世界の不平等を克服する新しいアイデアを育てる財団であるが、最近彼らの使命に沿ったカリキュラムを整備した教育機関の事例を紹介するレポートを発表している。例えば、ノルウェー科学技術大学は、学生のグループを編成して、持続可能エネルギーや社会正義等の現実の社会の問題に対するソリューションを作成している。このレポートはまた、今後が楽しみな動きにも目を向けている。例えば、New Model in Technology and Engineering University (技術とエンジニアリングの大学の新モデル)が2018年に英国で始動する。これは、産学が連携して、指導と学習に対する学際的で問題解決型のアプローチを活用する取り組みである。[xii]

推薦文献

イノベーション文化の進展についてさらに学びたい方 のために、以下の記事および資料を推薦する。

大学でのアントレプレナー文化の活用

go.nmc.org/uni

(Tom Corr、University Affairs、2016年5月4日)The Ontario Network of Entrepreneursは、様々な大学の行事やプログラムへの投資を通じた学生のビジネススキルを強化する取り組みで世界的にその名を知られるようになっている。例えば、オンタリオ・センター・オブ・エクセレンスの成功は、北米、英国、オーストラリア、アジアでの同様のイノベーションハブ設立のきっかけとなっている。 

イノベーション大会でキャンパスに起業家精神をもたらす

go.nmc.org/fest

(Amy Weaver、Auburn University News and Research、2016年11月29日)オーバーン大学は、市のリーダーたちと連携して、同大学と地元企業が交流・協働する機会を育むイノベーション大会を開催した。学生は賞金獲得を目指して大会に参加した。

JMUドローンチャレンジプロジェクト

go.nmc.org/jmudrones

(JMU ドローンプロジェクト、2017年1月24日アクセス)ジェームズ・マディソン大学(JMU)のJMUドローンチャレンジプロジェクトは、7つの専攻科目、4名の教授、様々な学外の組織が協働する学際的な取り組みである。取り組みの参加者は、デザイン思考とドローン技術を使用して複雑なグローバル問題の斬新なソリューションを考案する。

サウジアラビアでイノベーションと起業家精神の文化を推進する(PDF

go.nmc.org/saudiarabia

(Nadia Yusuf およびHuda Atassi、International Journal of Higher Education Management、2016年2月)サウジアラビアのリーダーたちは、サウジアラビアの経済を多様化し強化する取り組みとして、産官学が連携した新たなアイデアの実現を含むフレームワークを提案している。

継続的にイノベーションを進める文化をデザインするUMUCの計画

go.nmc.org/blueprint

(Peter Smith、EdSurge、2016年7月30日)メリーランド大学 ユニバーシティカレッジ校(UMUC)は、同大学が常に最先端の発見の場となる方法を詳細に計画した。筆者は、すべての変革は実現が困難であることを認識したうえで、「ニューノーマル」がどのようなものかを定義するのに役立つ継続的な改善の方法を説明している。

解き放たれた教員教育

go.nmc.org/tlinnovations

(カリフォルニア州立大学チャンネルアイランド校、2017年1月24日アクセス)カリフォルニア州立大学チャンネルアイランド校の指導と学習イノベーションは、教員のワークショップを閉ざされた密室から解き放ち、オープン性の原則とコネクティッドラーニングを提供した。その結果、大学内外の教員と交流する教員が増加している。

[i] https://techcrunch.com/2016/07/21/the-role-of-higher-education-in-entrepreneurship/

[ii] https://www.tiaainstitute.org/public/pdf/cultivating_strategic_innovation_in_higher_ed.pdf (PDF)

[iii] http://evolllution.com/managing-institution/higher_ed_business/accepting-risk-and-rejecting-the-status-quo-fostering-an-innovative-higher-ed-culture/

[iv] http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1877042816301252

[v] http://chroniclegreatcolleges.com/blog/indicators-culture-innovation/

[vi] http://www.ecampusnews.com/entry/rethinking-state-funding-policies-to-spur-innovation/

[vii] https://itif.org/publications/2016/08/01/improve-quality-and-reduce-costs-higher-education-itif-calls-policies

[viii] http://www.washington.edu/president/2016/06/20/universitys-role-innovation-ecosystem-times-higher-education-asia-summit-keynote/

[ix] https://www.timeshighereducation.com/comment/innovation-nation-hong-kongs-eyes-on-the-future

[x] http://makercommons.psu.edu

[xi] http://sydney.edu.au/news-opinion/news/2016/10/24/a-pilot-program-drives-innovation-across-the-.html

[xii] https://www.nesta.org.uk/sites/default/files/the_challenge-driven_university.pdf (PDF)