NMC Horizon Report > 2017 Higher Education Edition (Japanese)
>高等教育へのテクノロジー適用を推進する重要な傾向
>>長期間にわたる傾向:今後5年以上の期間にわたる高等教育の変化を推進

より深い学習アプローチ

長期間にわたる傾向:今後5年以上の期間にわたる高等教育の変化を推進

要旨

序文

高等教育へのテクノロジー適用を推進する重要な傾向

長期間にわたる傾向:今後5年以上の期間にわたる高等教育の変化を推進

 > イノベーション文化の進展
 > より深い学習アプローチ

中期間の傾向: :今後3-5年の高等教育の変化を推進

 > 学習度測定への注目の高まり
 > 学習スペースの再設計

当面の傾向:今後1-2年の高等教育の変化を推進

 > ブレンド型学習デザイン
 > 協調学習

高等教育における技術導入の妨げとなる重大な課題

解決可能な課題:課題を理解しその解決方法も分かっている

 > デジタル・リテラシーの向上
 > フォーマル/非公式学習の統合

解決困難な課題:課題を理解しているが、解決策は明確になっていない

 > 教育格差
 > デジタルエクイティ(公平性)の向上

深刻な課題:取り組むのはおろか、定義すらできないほど複雑な課題

 > 知識の陳腐化の管理
 > 教育者の役割の再考

高等教育向けの教育テクノロジーにおける重要な発展

導入ホライズン:1年以内

 > 適応学習テクノロジー
 > モバイル学習

導入ホライズン:2年から3年以内

 > モノのインターネット(IoT)
 > 次世代 LMS

導入ホライズン:4年から5年以内

 > 人工知能(AI)
 > ナチュラルユーザーインターフェース(NUI)

調査手法

2017年高等教育専門家パネル

高等教育の世界では、より深い学習アプローチに引き続き高い関心が集まっている。このアプローチは、ウィリアム&フローラ・ヒューレット財団が学生にクリティカルシンキング、問題解決、協力、自主学習を体験させるコンテンツに精通することと定義している [i] 学生が向学心を持ち続けるためには、学習課題と実社会を明確に関係づけて、新しい知識やスキルが実社会にどのように影響を与えるか把握しておく必要がある。プロジェクトベースの学習[ii]、課題ベースの学習[iii]、探求ベースの学習[iv]、およびそれらに類似する手法は、よりアクティブな学習経験を育んでいる。より深い学習が卒業率改善に効果的であることが実証されつつあるものの[v]、高等教育へのその導入は着実に進んでいるとはいえず、大学が質の高い指導への投資を増やす必要があることが指摘されている[vi]。学習のために何かを実現するテクノロジーの役割が具体化していくなかで、講師はこうしたツールを活用して、重要な教材や学習課題を実生活での応用に関連付けている。

概要

より深い学習の指導法を高等教育に組み入れることは、この数年顕著になりつつある傾向であり、常に新しい展開が見受けられる。特にSTEM(科学・技術・工学・数学)教育では盛んである。こうしたアクティブラーニングアプローチは、おおよそ探求型学習の2つの戦略に分類される。1つは学生が実際の問題を解決する問題解決型学習で、もう1つは学生が完全な製品を製作するプロジェクト解決型学習である[vii]スウェーデンのウメオ大学が実施した調査では、技術的サポートを受ける問題解決型学習のコンセプトを化学の上級コースの少人数のグループ活動に適用すると、汚染場所のサンプリングや分析などの実際の問題解決の過程における学生の熱意や意欲の向上に効果があることが実証された。学生は、オンラインログやグループwiki等のソーシャルテクノロジーが彼らの学習を補強し彼らの新たな知識の統合を助け、新たな方法で問題に取り組む彼らに指針を与えてくれると主張した[viii]

高等教育の目標は、労働者として成功し社会に貢献するために必要なスキルを学生に身に着けさせることである。この見解は、挑戦を重視する大学を生み出しつつある。この10年間、世界中の高等教育機関は、学生がチームを組んで明確な答えの無い問題に取り組むプロジェクト解決型学習の活動に賛同して、従来の講義や教科書の使用を控えつつある[ix]。例えば、ニューヨーク州立大学バッファロー校の戦略的マネジメントコースの基本は、シンガポールを拠点とするモバイルアプリの新興企業、カルーセル社との協働作業である。このコースは、小規模企業をどのように運営し、現実社会の事業の課題を克服するために習得した知識をどのように活用できるのかについて学習する機会を提供している[x]。ユニバーシティ・カレッジ・ダブリンは、土木工学コースの設計スキル向上のために、プロジェクト解決型学習を適用している。この取り組みは、学生が仲間同士での教え合いや外部の専門家との交流を楽しんでおり、こうした活動がイノベーションやプレゼンテーション等の雇用者が歓迎するスキルを育成していると評価されている[xi]

より深い学習アプローチの効果が事業、コミュニケーション、心理学、看護等の分野で確認されつつあるが、この傾向が高等教育で幅広く浸透しているわけではないこと調査が示している。実際に、バック教育協会が最近実施したアンケート調査では、回答した教育者の77%は何らかの形でプロジェクト解決型学習を利用しているが、43%がプロジェクト解決型学習の利用時間が全体の25%に満たないと回答している。[xii]新たな展開を通じて、より深い学習アプローチがさらに応用されていく可能性がある。例えば、学生の学習コミュニティ、教員が考案するカリキュラムプログラム、インストラクショナル・デザイナーと学生の協働はますます広まりつつある。ロヨラメリーマウント大学とオハイオ大学は、共に人文科学とSTEM を結びつけて異文化能力を向上させて人権問題の理解を深めるために、学生の学習コミュニティを活用している[xiii]                       

政策、リーダーシップ、実践への影響

プロジェクト解決型学習やその他のより深い学習アプローチを大学に義務付ける明確な政策はないものの、世界各地の政府は、21世紀に相応しい指導や学習法を重視した教育改革を優先させている。欧州委員会のプログラムErasmus+(エラスムス・プラス)の一部であるKnowledge Alliancesは、一般的な問題を解決するために中等後教育機関と企業を引き合わせることを意図した、国家の枠を超えたプロジェクトである。そこでは、教育に対する革新的で学際的なアプローチの発展、高等教育における起業家的スキルの振興、および知識の交流に焦点を当てている。同様に、米国では、Improving Career and Technical Education for the 21st Century Act(21世紀に向けたキャリアと技術教育向上に関する法律)が下院を通過し、上院の承認を待つ段階にある。この法案は、需要がある職を勝ち取るために必要なスキルを習得する米国人を支援することを意図しており、有望な学生に実際の仕事をベースにした学習機会が与えられるようサポートし、新たなタイプの資格認定制度の使用を推進するものである[xiv]

様々な連携活動や枠組み造りが、より深い学習をグローバルに広めていくための道を切り開きつつある。デラウェア大学、ペルー・カトリカ大学の問題解決型学習のパンアメリカンネットワークは、同学習の導入に興味のある組織と協議し、各年にカンファレンスを開催して、2ヵ国語トレーニングとリソース教材を通じて南北アメリカ大陸中の教育界で、より深い学習アプローチを推進している[xv]。バック教育協会は、自らの指導法を評価・調整・改善しようとする教育者や教育機関を支援するために包括的な調査に基づくモデルを作成している。プロジェクト解決型学習の模範とされる彼らの枠組みは、学生の学習目標、不可欠なプロジェクトデザイン要素、さらに指導法も網羅している[xvi]。より深い学習に対する関心の高まりを示唆するかのように、新たな組織が続々と現れている。その一例として、ウースター工科大学のプロジェクト解決型学習センターが、米国大学協会の年次総会で最近設立されており、その目的として教育機関、ワークショップ、オンラインリソースを通じて大学でのより深い学習アプローチの推進に関して教職員に支援を提供することを掲げている[xvii]

より深い学習アプローチが実際に運用されるなかで成熟するにつれて、この傾向の影響はますます広がっている。オランダのマーストリヒト大学は、創立以来問題解決型学習の原理を授業に取り込んでいる。学生約12名のクラスをチューターが監督し、各クラスに実社会の問題を解決する課題が与えられる。例えば、「欧州の公衆衛生」コースでの課題は、結核の電気技師が病院で患者に、または公共交通機関で乗客に結核を感染させたかもしれないという事例を扱っている。学生は、「結核はどのように広がるのか」「リスク要因は何か」「さらなる感染を防ぐために、国としてまた国際的にどのような対策が必要か」等の問いに答える必要がある。セントエドワーズ大学では様々な学部の教員が協力してより多くの問題解決型の要素および実社会の要素を取り入れる形で学生への課題を練り直している。例えば、「一般教養としての数学」のコースでは、数学を一般生活に応用する術を学生に教える。「アメリカのジレンマ」コースの学生は、社会科学の方法論を用いて社会問題を分析する[xviii]

推薦文献

より深い学習アプローチについてさらに学びたい方のために、以下の記事および資料を推薦する。

問題解決型学習は問題解決スキルを向上させるのか?

go.nmc.org/doesp

(Z. Abdul Kadirら、International Education Studies、2016年4月26日)Malaysian Premier Technical Universityの経営学部の学生の調査によると、実験群の学生に4つの問題を与えて解決させると、彼らは従来の座学の講義しか受けていない対照群と比較して、問題解決能力が有意に向上した。

IDEASアカデミー

go.nmc.org/ideasacademy

(HCC、 2017年1月24日アクセス)ヒューストン・コミュニティ・カレッジのWest Houston instituteには、イノベーション、デザイン思考、起業家精神のコースを提供する予定のIDEASアカデミーがある。このアカデミーは、学生に21世紀の職場に必要な重要スキルを教えるその地域独自の学習経験を提供できるように考案されている。

より深い学習を推進する力を共有する

go.nmc.org/sharing

(Maura Rosenthal、Teaching and Learning Together in Higher Education第16版、2015年秋)ブリッジウォーター州立大学の社会学の教授は、学習活動への関与を深めるためにガラス張り状態でのディスカッションを利用することについて説明している。このアプローチでは、学生のグループが車座になり、事前に準備した疑問点に基づいて教材について討論する。一方外側の輪の学生は、話し合いを観察しそのテーマを書き留める。

Eラーニングのバーチャルチームを通じたより深い学習の強化

go.nmc.org/streng

(Joyline Makaniら、International Journal of E-Learning & Distance Education32巻, No.2号、2016年)大学におけるオンライン学習がさらに普及するにつれて、オンライン環境での学習を改善するコアスキルと知識を明確にする必要性が生じている。この調査の担当者は、「バーチャルチーム」で協力する機会を数多く提供することがより深い学習を進めていくために重要であると結論付けている。

UICEEの問題解決型学習センター

go.nmc.org/uicee

(オールボー大学、2016年12月16日アクセス)オールボーセンターは、ユネスコの後援を受けて、問題解決型・プロジェクト解決型学習、エンジニアリング教育の研究、持続可能な発展のための教育を網羅した複合型研究を通じて高等教育戦略の改革に取り組んでいる。

学生のより深い学習を進めるためのブログの活用

go.nmc.org/fosdeep

(Kevin Gannon、Pearson2016年9月1日) Grandview Universityの歴史学の教授は、より深い学習とより形成的に評価する機会を推進する論文執筆の新しい方法を確立する必要があると説いている。彼が指導する学生は、ブログに投稿することで、講師や仲間から継続的にフィードバックを受け取り、その内容について彼らとのつながりをより強く感じることができる。

[i] http://www.hewlett.org/library/deeper-learning-defined/

[ii] http://www.shsu.edu/centers/project-based-learning/higher-education.html

[iii] http://cbl.digitalpromise.org/wp-content/uploads/sites/7/2016/10/CBL_Guide2016.pdf (PDF)

[iv] http://www.inquirybasedlearning.org/about/#/what-is-ibl/

[v] http://www.air.org/sites/default/files/downloads/report/Graduation-Advantage-Persists-Deeper-Learning-Report-March-2016-rev.pdf (PDF)

[vi] http://acue.org/quality-teaching/

[vii] http://www.uq.edu.au/teach/flipped-classroom/problem-bl.html

[viii] http://www.education-inquiry.net/index.php/edui/article/view/27287

[ix] http://www.economist.com/news/international/21701081-new-crop-hands-universities-transforming-how-students-learn-flying-high

[x] https://www.linkedin.com/pulse/project-based-learning-business-education-paul-mcafee

[xi] https://www.researchgate.net/publication/233224245_Case_study_of_a_project-based_learning_course_in_civil_engineering_design

[xii] http://www.bie.org/blog/pbl_is_making_headway_in_higher_education

[xiii] http://hechingerreport.org/the-inquiry-based-approach-to-higher-ed-that-could-prevent-college-students-from-dropping-out/

[xiv] http://edworkforce.house.gov/news/documentsingle.aspx?DocumentID=400894

[xv] http://www1.udel.edu/inst/partners/panpbl.html

[xvi] http://www.bie.org/blog/gold_standard_pbl_essential_project_design_elements

[xvii] http://wp.wpi.edu/projectbasedlearning/

[xviii] http://www.aacu.org/peerreview/2016/winter-spring/Musselman