NMC Horizon Report > 2017 Higher Education Edition (Japanese)
>高等教育へのテクノロジー適用を推進する重要な傾向
>>当面の傾向:今後1-2年の高等教育の変化を推進

協調学習

当面の傾向:今後1-2年の高等教育の変化を推進

要旨

序文

高等教育へのテクノロジー適用を推進する重要な傾向

長期間にわたる傾向:今後5年以上の期間にわたる高等教育の変化を推進

 > イノベーション文化の進展
 > より深い学習アプローチ

中期間の傾向: :今後3-5年の高等教育の変化を推進

 > 学習度測定への注目の高まり
 > 学習スペースの再設計

当面の傾向:今後1-2年の高等教育の変化を推進

 > ブレンド型学習デザイン
 > 協調学習

高等教育における技術導入の妨げとなる重大な課題

解決可能な課題:課題を理解しその解決方法も分かっている

 > デジタル・リテラシーの向上
 > フォーマル/非公式学習の統合

解決困難な課題:課題を理解しているが、解決策は明確になっていない

 > 教育格差
 > デジタルエクイティ(公平性)の向上

深刻な課題:取り組むのはおろか、定義すらできないほど複雑な課題

 > 知識の陳腐化の管理
 > 教育者の役割の再考

高等教育向けの教育テクノロジーにおける重要な発展

導入ホライズン:1年以内

 > 適応学習テクノロジー
 > モバイル学習

導入ホライズン:2年から3年以内

 > モノのインターネット(IoT)
 > 次世代 LMS

導入ホライズン:4年から5年以内

 > 人工知能(AI)
 > ナチュラルユーザーインターフェース(NUI)

調査手法

2017年高等教育専門家パネル

協調学習は学生と教育者が上下関係抜きで、またはグループとして協力する形態の学習法であり、学習は社会的構成概念であるという考え方に基づいている。[i]このアプローチでは、通常4つの原則、すなわち1)学習者中心、2)インタラクション重視、3)グループによる作業、4)実社会の問題のソリューション作成、を中心にした活動に取り組む。協調学習の主なメリットには、学生の学習への意欲や成果の改善に加えて、多様性を受け入れる姿勢の強化、様々な背景の人々とのふれあいが挙げられる[ii]。教育者は、アイデアや知見が常に交換されている実践的なオンラインコミュニティを通じて協調学習に関与する[iii]。この傾向は教育学に由来するものであるが、その導入や実行には技術が重要な役割を果たしている。クラウドベースのサービス、アプリケーション、デジタルツール等が常時接続性を促進し、学生と教育者は時を選ばずに共有のワークスペースにアクセスして活動に貢献できる。さらに適応学習と学生助言プラットフォームを通じて教育機関全体でデータを共有し、学生の成績を明確にして、インストラクショナルデザインの改善や学生への助言を連絡できる[iv]

概要

共同学習(cooperative learning)とも呼ばれるこの傾向の現在の一般的に認められている特徴としては、協力に伴う社会・情緒・学習面での成長が挙げられる。コーネル大学のCenter for Teaching Excellence(指導のセンター・オブ・エクセレンス)によると、効果的な協力活動は、高次の思考(higher-order thinking)および優れた自尊心やリーダーシップスキルの向上をもたらす可能性がある[v]。職場において社員が周囲と交流をもたずに孤立して周囲の人々からの情報や支援なしにプロジェクトを完遂することはほとんどありえない。従って、高等教育機関は、様々な個性や専門知識を有する人々と上手く協力してキャリアを順調に築いていけるように学生を指導する必要性を認めている。学生は、学生の間でも教師から学ぶだけでなく、仲間の学生からも学ぶことができる。クイーンズランド大学は、協調学習をアクティブラーニングの不可欠な側面と見なして、学生が帰属意識を感じる質問し合うコミュニティを育んでいる。[vi]協力は、「より深い学習アプローチ」や「学習スペースの再設計」等の本レポートの他のトピックの多くにとっても重要な要素である。

協調学習については、その性質上グループ作業がクローズアップされるが、協調学習の有意義な応用を支える要因が他にも多く存在する。アリゾナ州立大学の影響力のある調査は、効果的な活動を設計する教員に指針を提供するために、環境設定から教室の管理まで検討すべき重要な領域を正確に指摘している。環境設定に関しては、教員は協力がいかにより良いコミュニケーションと信頼を構築するかを理解しようとするクラスをサポートして、学生の賛同を得る。教室の管理に関しては、教育者は、注意深く成績、スキル、民族、性別、経験等の観点から様々な背景の学生でチームを編成して、学生に様々な考え方に触れさせるようにする。グループが編成されると、学生は、特に仲間同士でフィードバックを交換する点で対人コミュニケーションスキルを磨くためにコーチングを依頼できる[vii]。同様に、カナダのアサバスカ大学は、仲間意識を養い社会性を意識した指導を採り入れて信頼を構築し、チームワークの適切なトーンを設定し、持続的な見直しを通じて学生にとって意義のある成果を創出する(meaning-making)ことを奨励するアプローチが必要であると述べている[viii]

教育技術の台頭により、協調学習機会がさらに促進されており、基本的なところだけ挙げてみても、wikis, Google Docs 、ソーシャルメディア、メッセージアプリがシームレスな情報共有やコミュニケーションを可能にしている。中国の教育者は、人気のソーシャルメディアネットワーク、WeChatを利用して、学生のディスカッションを促し、学習課題をチェックしている[ix] 。Slackはリアルタイムのメッセージプラットフォームであり職場での使用が広がっているが、協調学習にとっても無視できない存在となっている。マーケティング界のカリスマ、セス・ゴーディンは、Slack がホストとなるオンラインでのリーダーシップ向けワークショップAltMBAをスタートさせた。様々なチャネルを駆使するこのワークショップでは、参加者はアイデア交換、リソースの投稿、電話での通話を同期させて実行できる[x]。社会変革のリーダーたちの非営利コミュニティ、+Acumen は、成功したこのモデルをさらに活用しようと「ますます適応し自動化するプラットフォーム上で微妙な意味あいがあり、直線的でなく、極めて人間臭いテーマをどのように指導し評価できるのか」という難問を投げかけている。彼らのSlackをホストとしたセミナーは、表面的な会話を超越して、より深い学習向きの動的で複雑な内容を扱っている[xi]

政策、リーダーシップ、実践への影響

協力の精神が、グローバルなコネクティビティおよびリーダー人材の研修を重視するイニシアチブにますます反映されている。米国国務省は、国際教育研究所と連携して、高等教育の分野における国際協力推進を目指したプログラム、EducationUSA Leadership Institutes を立ち上げた。さらに国際的に能力を発揮できる実戦部隊を養成する目的で、24ヵ国から40名超の政府職員が招集され、米国の大学院教育、民間部門の連携、学生の流動性という3つの分野の研修に参加する。ポートランド州立大学、ケース・ウェスタン・リザーブ大学、GlobalPittsburgh (ピッツバーグで交際交流を行う非営利団体)は、国際的な研究における協力やコースの認証評価等のトピックの調査のために複数のリーダー育成プログラムを主催した。[xii]タイの高等教育委員会は、実際の労働を組み込んだ学習機会が不足していることを認識して、学際的で互いに協力し合う職場環境で学生が活躍できるようにするためにドイツのバーデン=ヴュルテンベルク・デュアルシステム大学のモデルを適用しようとしている[xiii]

大学のリーダーは、学生の成功を支えるためにデータ共有を中心とした全校レベルでの協力体制の必要性も認識しつつある。ジョージア州立大学(GSU)の指導プログラム、Graduation and Progression Success (GPS、卒業と順調な進歩)は、実験のシーケンスを誤って登録したり、専攻で微積分学が必須の学生の数学の点数は低い等、800件の学習上の「過ち」を特定している。このデータを集中管理して活用し、どの学生にも過ちが発生するとその過ちに警告が発せられて、アドバイザーが48時間以内に対象の学生に連絡をとる[xiv]。このGPSのイニシアチブ は、6年間での卒業率の改善(2003年の32%から2014年の54%)に貢献している[xv] 。GSUは、大学イノベーション同盟(University Innovation Alliance:UIA)にも加盟しており、数年にわたる研究プロジェクトに対して米国教育省から890万ドルの助成金を獲得し、活動の成果を連合の11の大学と共有している[xvi]。ワシントン大学、清華大学、Microsoft 社も連携して大規模な国際協力プログラム、Global Innovation Exchangeを始動させている。ワシントンを拠点とするこのプログラムを通じて、米国と中国の学生は協力し合って技術系の大学院の学位を獲得できる。建設予定の約9300㎡の校舎には、設計スタジオ、メーカースペース、協力プロジェクトやプレゼンテーションの専用スペースが整備される[xvii]

大学が協調学習活動を活用するコースで他の教育機関と連携すれば学生はその恩恵を享受できる。例えば、キングス・カレッジ・ロンドンとポーツマス大学は、臨床実習を認められた歯科部の学生、歯科衛生治療を専攻する学生、および看護師を集めて実社会のチーム内で働く実習を行っている[xviii]。ホープカレッジは最近、様々な学部の教員と学生の協力を支援する3年間で80万ドルの助成金をアンドリュー・W・メロン財団から付与されている。この「Mellon Grand Challenge Initiative(メロン財団助成金チャレンジイニシアチブ)」と題されたプログラムは、教員と学生がチームを組んで言論の自由、多宗教共存、紛争発生後の調停等の差し迫ったグローバルな問題を調査し解決策を探る共同研究の機会を創出し、ホープカレッジの一般教養、自然科学、応用科学、美術、人文科学、社会科学等の学部の協力を得て、50もの新しいプログラムとリンクしたコースを生み出すことを目指している[xix]

推薦文献

協調学習についてさらに学びたい方のために、以下の記事および資料を推薦する。

協調学習を評価する:ビックデータ、分析、そして大学の未来

go.nmc.org/assesco

(Peter Williams、Assessment & Evaluation in Higher Education2016年7月 28日)筆者は、高等教育の評価方法が主に個々の学生の成績に焦点を当てているのを見てきたが、大学で利用できるさらに充実しつつある分析を活用して、協調学習の成功にとって重要な質や素因を測定するより信頼のおける評価機会がある。 

協調学習のスペース

go.nmc.org/cls

(アリゾナ大学、2016年11月23日アクセス)アリゾナ大学大学院STEM教育プロジェクトの一環として、大学全体が取り組む協調学習スペースのためのプロジェクトが立ち上げられた。その目的は、学生の学習成果向上を目指した活発な取り組みにさらに適した環境を育むことである。

協調学習

go.nmc.org/coope

(テネシー大学チャタヌーガ校、2016年11月23日アクセス)テネシー大学チャタヌーガ校のThe Walker Center for Teaching and Learning(指導と学習のウォーカーセンター)は、小グループ作業を促進するための定義とベストプラクティスを確立した。その推奨事項には、チームに新しく配属された学生の緊張をほぐすための3ステップのインタビュー等がある。

協力ツールを組み込んでオンライン学習をサポートする方法

go.nmc.org/5stepstr

(Debbie Morrison、Online Learning Insights2016年7月2日)オンライン環境でアクティブラーニングをさらに発展させる5段階の戦略が説明されている。教職員はまず、デジタルツールがどのように指導を改善し学習者の意欲を刺激するかを考える必要がある。

MOOCの異文化交流の言語学習をサポートするOpen Badges

go.nmc.org/opebad

(Association for Learning Technology、2015年2月26日)ウォーリック大学のランゲージセンターは、海外の学習仲間とオンラインで効果的に協力するために必要なスキルを認証するために、同校のオンライン異文化交流にMozillaのOpen Badgeのインフラを採り入れている。

Teletandem

go.nmc.org/telet

(Teletandem Brasil、2016年11月23日アクセス)サンパウロ大学は、教科書、音声、ウェブカムを利用して異なる言語を話す2人の学生がペアになって相手の言語をお互いに学習できるアプリケーション、Teletandemを開発した。学生は、30分間の会話訓練後に、インストラクターのサポートを受けることができる。

[i] http://www.cte.cornell.edu/teaching-ideas/engaging-students/collaborative-learning.html

[ii] http://www.education.umd.edu/Academics/Faculty/Bios/facData/CHSE/cabrera/CollaborativeLearning.pdf (PDF)

[iii] http://www.connectededucators.org/briefs/online-communities-of-practice-for-educators/

[iv] http://agb.org/trusteeship/2015/taming-big-data-using-data-analytics-for-student-success-and-institutional

[v] https://www.cte.cornell.edu/teaching-ideas/engaging-students/collaborative-learning.html

[vi] http://www.uq.edu.au/teach/flipped-classroom/collaborative-learning.html

[vii] Ledlow, Susan. “Cooperative Learning in Higher Education.” Arizona State University, 1999.

[viii] https://coi.athabascau.ca/coi-model/

[ix] http://www.sixthtone.com/news/how-wechat-changing-online-learning-we-know-it

[x] https://altmba.com/about

[xi] https://www.edsurge.com/news/2016-03-04-could-slack-be-the-next-online-learning-platform

[xii] http://www.iie.org/Who-We-Are/News-and-Events/Press-Center/Press-Releases/2016/2016-03-01-EducationUSA-Leadership-Institutes-2016#.WDRnCKIrLEY

[xiii] http://www.apjce.org/files/APJCE_17_3_227_247.pdf (PDF)

[xiv] Cook, Lisa. “How Georgia State University Plans to Use Predictive Analytics to Address the National Achievement Gap.” Academic Impressions, February 2, 2016. http://www.academicimpressions.com/news/how-georgia-state-university-plans-use-predictive-analytics-address-national-achievement-gap.

[xv] Kurzweil, Martin, and D. Derek Wu. “Building a Path to Student Success at Georgia State University.” Ithaka S+R, April 23, 2015. http://www.sr.ithaka.org/wp-content/uploads/2015/08/SR_Case_Study_Building_Pathway_Student_Success_042315_0.pdf (PDF).

[xvi] Talbot, Jenna Schuette. “US Department of Education Awards UIA $8.9 Million to Evaluate Analytics-Based Advising for Low-Income and First-Generation College Students.” University Innovation Alliance, September 21, 2015. http://www.theuia.org/blog/post/us-department-education-awards-uia-89-million-evaluate-analytics-based-advising-low-income.

[xvii] http://www.geekwire.com/2016/gix-groundbreaking/

[xviii] https://www.timeshighereducation.com/blog/office-students-must-promote-collaboration-well-competition

[xix] http://www.hope.edu/news/2016/academics/grant-to-support-faculty-and-students-in-interdisciplinary-exploration-of-grand-challenges.html