NMC Horizon Report > 2017 Higher Education Edition (Japanese)
>高等教育へのテクノロジー適用を推進する重要な傾向
>>当面の傾向:今後1-2年の高等教育の変化を推進

ブレンド型学習デザイン

当面の傾向:今後1-2年の高等教育の変化を推進

要旨

序文

高等教育へのテクノロジー適用を推進する重要な傾向

長期間にわたる傾向:今後5年以上の期間にわたる高等教育の変化を推進

 > イノベーション文化の進展
 > より深い学習アプローチ

中期間の傾向: :今後3-5年の高等教育の変化を推進

 > 学習度測定への注目の高まり
 > 学習スペースの再設計

当面の傾向:今後1-2年の高等教育の変化を推進

 > ブレンド型学習デザイン
 > 協調学習

高等教育における技術導入の妨げとなる重大な課題

解決可能な課題:課題を理解しその解決方法も分かっている

 > デジタル・リテラシーの向上
 > フォーマル/非公式学習の統合

解決困難な課題:課題を理解しているが、解決策は明確になっていない

 > 教育格差
 > デジタルエクイティ(公平性)の向上

深刻な課題:取り組むのはおろか、定義すらできないほど複雑な課題

 > 知識の陳腐化の管理
 > 教育者の役割の再考

高等教育向けの教育テクノロジーにおける重要な発展

導入ホライズン:1年以内

 > 適応学習テクノロジー
 > モバイル学習

導入ホライズン:2年から3年以内

 > モノのインターネット(IoT)
 > 次世代 LMS

導入ホライズン:4年から5年以内

 > 人工知能(AI)
 > ナチュラルユーザーインターフェース(NUI)

調査手法

2017年高等教育専門家パネル

過去数年間にわたり、オンライン学習の認識は、順調に拡大しており、オンライン学習を一部の対面型学習に対する実行可能な代案とみなす学習者や教育者が増加している。様々なデジタル学習プラットフォームと教育目的でそれらを活用する手法が続々と広まる中、オンライン学習と対面型学習のベストプラクティスを取り込んだブレンド型学習が、大学で増加しつつある。アフォーダンスなブレンド型学習の提案は今やよく知られるところであり、その柔軟性、アクセスしやすさ、先進のマルチメディアと技術の統合が主な魅力となっている。こうした傾向の現在の関心は、デジタルモードの指導を適用することが学生にどのような影響を及ぼすかを理解することに移っている。多くの調査結果が、創造的思想や自主学習が増加し、学生がそれぞれのニーズに応じて学習経験をカスタマイズする能力が高まっていることを物語っている。

概要

ブレンド型学習デザインの成長の背景には、学生がデジタル環境により順応し、オンラインコンテンツを使用することにますます精通し、ひいてはそれらがもたらす利便性を大いに享受していることがある。この傾向を指す「ブレンド型」は、従来の対面型の指導と技術を活用した指導のあらゆる組み合わせを包含する総称になりつつある[i] Campus Technology誌が2016年に初めて実施した「Teaching with Technology(技術を活用した指導)」と題するアンケート調査では、71%の教員回答者がオンラインと対面型を組み合わせて指導していると回答している[ii]。適応学習から反転授業、さらにはオンライン学習モジュールの組込みまで、ブレンド型学習デザインは、その勢いを増している。これは、ブレンド型学習デザインを上手く実施すれば、双方の指導法の最も良い点を反映できるからである。すなわち、ブレンド型学習デザインは、ソーシャルテクノロジーおよび豊富なメディアを使用することで従来の指導アプローチを強化するのである。ブレンド型学習デザインの目標は、様々なバックグラウンドの学生の多種多様なニーズに応えるために多彩なツールで教員に力を与える指導モデルを育むことである。

この傾向の最も効果的な事例では、物理的なキャンパスだけでは、またはツールなしでは不可能な方法で学生の学習を可能にする新たな技術が取り入れられている。例えば、ライアソン大学の建築学の学生は、新製品のVRヘッドセットを使用して、自らの設計を360度全方向からじっくりと眺めることができ、これにより踏み込んだ評価が可能になる[iii]。反転授業も高く評価されているブレンド型学習のひとつであり、その起源はK-12教育(義務教育:幼稚園から高校まで)である。ブラジルのSingularidades Institute他多くの教育機関は、このモデルが教室で費やされる時間を再配分してよりアクティブラーニングと協力をさらに推進することで学生にメリットをもたらすモデルであると認識しつつある[iv]。一部の学習経験をオンラインに移行することにいまだに躊躇する教育者もいるが、支持者は、ブレンド型学習アプローチを良い意味での破壊的変化と捉えており、学生の強みを土台にして不足している要素を個々の学生に合わせたリソースで補う方法で学生の学習活動を個人に合わせてカスタマイズしていると考えている[v]

ブレンド型学習デザインは、NMC ホライズンレポートの過去5年間の高等教育版で常に主な傾向として上位にリストアップされてきたが、これは学生にとっての柔軟性と利便性の向上に対するブレンド型学習デザインが果たす役割が理由のひとつとなっている。インペリアル・カレッジ・ロンドンの医学部の学生は最近、オンラインと対面式指導を組み合わせた実験コース2つに参加している。この研究は、キャンパスで実際に教員と交流する物理的な安心感とオンラインで課題を完成してビデオ講義を聴講する利便性を組み合わせられることに学生がどのようにメリットを感じているかに焦点を当てている。学生は、このモデルの成功の要因は、優れた設計と構造ならびに分かりやすいアニメーションとインタラクティブな小テストであると考えた[vi]。米国中の教育機関もまた、教室内外での時間の使い方に関して、ブレンド型学習デザインが提供するアフォーダンスを認識しつつある。法学部の学生は、ブレンド型アプローチであれば、講義や資料はオンラインで見直すことができるので対面の授業ではより込み入ったトピックに集中できる点を高く評価している。さらに、ブレンド型はパートタイムやフルタイムの仕事で自活しながら学位を取得できる柔軟性も提供してくれる[vii]

政策、リーダーシップ、実践への影響 

ブレンド型学習デザインが普及するにつれて、多くの大学が教員にそのベストプラクティスを指導するための政策を策定しつつある。2016年、バーモンド大学医学部(UVM)は、授業中のアクティブラーニングと実験の度合いを強めることを目的として、座学スタイルのプラットフォームをビデオ講義に差し替えて反転授業を導入する6年に及ぶ取り組みを始動させた。ブレンド型プログラムへの移行を成功させるために、UVMは教員の能力開発のガイドライン、カリキュラム変更の戦略、新たな財務構造等の新たな政策を策定した[viii]。ユネスコは最近、香港教育学院のリーダーと協力して、高等教育におけるブレンド型学習を推進・維持・拡大するための戦略を推進するレポートをまとめている。このレポートのなかで留意しなければならない点のひとつは、様々なデジタル学習プラットフォームの使用を確実に大学の長期的なガイダンスおよび成長計画の一部にする方法として、ブレンド型学習デザインを大学のビジョンおよび理念に組み入れる必要があると述べている点である[ix]

この傾向がさらに進化して多くの高等教育に普及するにつれて、そのデザインの進歩に重点を置いた多くのイベントが開催されるようになった。オーストラリアのニューサウスウェールズで初めて開催された学習イノベーションウィークの一環として、ブレンド型学習サミットが開催され、そこではブレンド型学習の広範な普及に焦点が当てられ、ブレンド型学習の成功の基本となる次の3要素が検討された。まずは、導入方法のベストプラクティス、次に主な関係者にブレンド型モデルへの移行の必要性への理解を促し彼らの支援を取り付けられる文化を育む方法、そして最後は教育者と技術専門スタッフ間の関係を強化するコミュニケーション戦略である[x] 。オンライン学習コンソーシアム(OLC)もまた、2016年4月にオンライン学習とブレンド型学習のベストプラクティスを推進することに焦点をあてた新たなカンファレンスを開催した。[xi]別の効果的な手段として、教員にブレンド型学習デザインの理解を促すこともできる。例えば、2016年5月、EDUCAUSE学習イニシアチブ(ELI)は、オンライン学習コンポーネントの追加に関心がある教育者を、ブレンド型コースのデザイン、促進、方向性を深く分析する3パートから成るコースに招待している[xii]

ベルギーを拠点とするソーシャルスタートアップ(社会問題を扱う新たな組織)であるKiron は、この傾向の革新的な応用のモデル化を進めている。彼らの活動は主に、難民に無料で高等教育を受けさせることである。彼らのブレンド型プログラムは、オンラインとオフラインのサービスの組み合わせがもたらす利用しやすさと柔軟性を活かして、現在までプログラムには1,500名の学生が参加しており、22の大学との連携を通じて4つの能力別クラスを運営している[xiii]。ヘルシンキ大学の音楽コースは最近、対面式授業の時間を充実させて、音楽を学習するプロセスにおける創造的思考を育てるために、オンライン学習を取り入れている。デジタル環境導入への学生のおおよそのフィードバックは、好意的なものであった。彼らは、自習の機会が充実したことおよび既存の知識を応用する能力の向上や新しいトピックに集中できる学習経験をメリットとして挙げている[xiv]

推薦文献

ブレンド型学習デザインについてさらに学びたい方のために、以下の記事および資料を推薦する。

ブレンド型学習ツールキット

go.nmc.org/bltkt

(セントラルフロリダ大学、2017年1月28日アクセス)ブレンド型学習ツールキットは、Next Generation Learning Challenges(次世代の学習課題)プログラムから資金を調達し、米国州立大学協議会(AASCU)とセントラルフロリダ大学のパートナーシップにより製作された。このツールキットは、ブレンド型学習イニシアチブを発展・拡大させている教育機関のための無料のオープン型リソースである。

営利目的のMOOC(大規模公開オンライン講座)メーカーのUdacity(ユダシティ)は、ブレンド型キャンパス/オンライン学習を包含している

go.nmc.org/uconnect

(Seb Murray、Business Because 2016年4月20日)オンライン学習会社ユダシティ者は、「オンサイトとオンライン」の組み合わせで学生を集めて大成功を収めた後、学生が結びつきネットワーキングできるより多くの機会を創るために、実際の校舎に投資している。

大規模な反転授業:学生を引き付ける3つの戦略

go.nmc.org/flipped

(Barbi Honeycutt、Faculty Focus2016年8月22日)教育者は、反転授業においては単に情報を提供することから学習プロセス全体を通じて学生を指導する役割へと進化する必要がある。この記事は、教師がメンターとして機能して、授業中のアクティブラーニング推進にどのように貢献できるかについての3つのヒントを紹介している。

欧州の高等教育システムの近代化見直しに関する提言

go.nmc.org/CESAEER

(CESAEER2016年3月8日)24ヵ国の50の大学が加入するThe Conference of European Schools for Advanced Engineering Education and Research (CESAEER)は、教育機関へのアクセス拡大の手段として技術を使用する機会を増やすよう呼び掛けて、ブレンド型学習推進を推奨している。 

ブレンド型の保健衛生調査法コースの準備・提供に関するアフリカ・アジア・欧州の大学講師の経験

go.nmc.org/GH

(Myroslava ProtsivおよびSalla Atkins、Global Health Action 2016年10月6日)この論文は、南アフリカ、ウガンダ、インド、スウェーデンの4ヵ国のブレンド型学習の使用を調査したものであり、世界中で保健衛生トレーニングの需要を満たすことを目指して、低所得国の学生の就学率を高めるために技術がどのように使用されているかをより深く理解することを目的としている。

革新的な専門能力開発を通じてブレンド型学習を理解する

go.nmc.org/blend

(Stepan Mekhitarian、EdSurge News2016年11月19日)筆者は、ブレンド型学習デザインの構築方法を教員に研修する現在の方法が不適切であると考えている。この記事は、教育機関が教員のブレンド型学習デザインに関する能力開発に適用できる段階的な手引書の概要を紹介している。

[i] http://acrobatiq.com/what-is-blended-learning-in-higher-ed-six-definitions-from-thought-leaders/

[ii] https://campustechnology.com/articles/2016/10/12/55-percent-of-faculty-are-flipping-the-classroom.aspx

[iii] https://nowtoronto.com/lifestyle/class-action/how-virtual-reality-is-changing-post-secondary-education/

[iv] http://www.eurodl.org/?p=current&sp=brief&article=717

[v] http://www.christenseninstitute.org/blog/breaking-cycle-education-fads/

[vi] https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4973547/#CR13

[vii] http://www.usnews.com/education/best-graduate-schools/top-law-schools/articles/2016-11-07/law-schools-experiment-with-partially-online-learning

[viii] https://www.insidehighered.com/news/2016/09/26/u-vermont-medical-school-get-rid-all-lecture-courses

[ix] http://unesdoc.unesco.org/images/0024/002468/246851e.pdf (PDF)

[x] http://www.blended-learning.com.au/

[xi] https://onlinelearningconsortium.org/jaln_full_issue/online-learning-2016-olc-conference-special-issue/

[xii] https://events.educause.edu/eli/courses/webinar/2016/eli-course-teaching-in-blended-learning-environments

[xiii] https://kiron.ngo/about

[xiv] http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1877042816000641