NMC Horizon Report > 2017 Higher Education Edition (Japanese)
>高等教育へのテクノロジー適用を推進する重要な傾向
>>中期間の傾向: :今後3-5年の高等教育の変化を推進

学習スペースの再設計

中期間の傾向: :今後3-5年の高等教育の変化を推進

要旨

序文

高等教育へのテクノロジー適用を推進する重要な傾向

長期間にわたる傾向:今後5年以上の期間にわたる高等教育の変化を推進

 > イノベーション文化の進展
 > より深い学習アプローチ

中期間の傾向: :今後3-5年の高等教育の変化を推進

 > 学習度測定への注目の高まり
 > 学習スペースの再設計

当面の傾向:今後1-2年の高等教育の変化を推進

 > ブレンド型学習デザイン
 > 協調学習

高等教育における技術導入の妨げとなる重大な課題

解決可能な課題:課題を理解しその解決方法も分かっている

 > デジタル・リテラシーの向上
 > フォーマル/非公式学習の統合

解決困難な課題:課題を理解しているが、解決策は明確になっていない

 > 教育格差
 > デジタルエクイティ(公平性)の向上

深刻な課題:取り組むのはおろか、定義すらできないほど複雑な課題

 > 知識の陳腐化の管理
 > 教育者の役割の再考

高等教育向けの教育テクノロジーにおける重要な発展

導入ホライズン:1年以内

 > 適応学習テクノロジー
 > モバイル学習

導入ホライズン:2年から3年以内

 > モノのインターネット(IoT)
 > 次世代 LMS

導入ホライズン:4年から5年以内

 > 人工知能(AI)
 > ナチュラルユーザーインターフェース(NUI)

調査手法

2017年高等教育専門家パネル

大学は、デジタル化を進めて実際の教室でアクティブラーニングを推進する戦略をとるにつれて、こうした教育上の変化を推進するために校内の物理的な学習環境を再編成しつつある。教育環境の設定は、より活発なモビリティ、柔軟性、複数のデバイスの使用に留意しつつ、プロジェクトベースの交流を支援するよう設計される場合が多くなっている。教育機関は、遠隔地との通信を改善するために、無線帯域幅をアップグレードして[i]、デジタル化されたプロジェクトでよりスムーズに協働できるように大型ディスプレイを設置しつつある。さらに、月面自動車で火星を探検するなどのシミュレーションを実現したり、解剖室の人体のような対象物とその詳細を見ながら多角的にインタラクションできるようにするために、複合現実感技術が3Dホログラフィック・コンテンツを物理的スペースにどのように組み込むことができるかを検討している。[ii]高等教育機関が従来の講義ベースの授業から離れて、より実際的な活動へと移行しているのを受けて、教室は、実社会の職場および人同士の直接的交流や学際的な問題解決を促進する社会環境に近づこうとしている。

概要

教室内で職場のような協働活動を推進するために、固定された座席を取り払って従来の講義室を動的なレイアウトへと大胆に変更する大学もでてきている[iii]。テレプレゼンス技術は、地理的に遠く離れた学生と教授がより柔軟に協働できる環境を提供する。例えば、サウスカロライナ大学は、複数のカメラ、72インチのディスプレイスクリーン、コントロールルームを備えたテレプレゼンスルームを7ヵ所に設置した。インストラクターは、テレプレゼンスルームを順に巡って複数のクラスを同時に指導できる。また学生は、ポーリングシステムや共有ファイル・メモを利用して別の場所の学生と交流できる[iv]。椅子や机の移動、ディスプレイスクリーンの調整、WiFi 、十分なコンセント等の機能を満載した適応力のある学習スペースは、グループ活動、実践的作業、学生の発表等お様々な学習活動に合わせて変更できる。学習の最前線で柔軟性のある学習環境を設計することは、大学がそのスペースを最大限に活用することにつながる[v]

学習者がより利用しやすいスペースは、学生が学習ツールを24時間いつでも使用できる環境を提供して、生涯学習の原則をさらに推進することができる。従来のように週に2-3回同じ教室で50分間の授業を行うだけでは、自ずと限界がある。従って、より長い時間解放されているスペースで学習できる機会が増えれば、学生は正規の授業時間以外も柔軟に学習できる。さらに一部の教育機関は、より開放的で実験的な活動に適したスペースに再構成することで、組織の縦割りの弊害を打破して様々な学部の学生や教職員のより密接な協働を促せることを認識しつつある。南カリフォルニア大学は最近、製造・ワークショップエリアと教室の形態をとらないラウンジスペースを合体させて学際的な交流、実践的なプロジェクト、協働を促進する「Garage」というスペースを設置したところ、学生からすぐに24時間そのスペースを利用できるようにしてほしいという要請があり、「Garage」の存在価値はますます高まった[vi]

大学のメーカースペースは、学習スペースの再設計で何度も繰り返し検討されるスペースであるが、この数年間でさらに注目が高まっており、特に大学図書館に付帯するスペースとして注目されている。図書館は従来学生が他では入手できない情報や技術へのアクセスを提供する場所であるが、現在では多くの図書館が提供する内容を拡大しつつあり、バーチャルリアリティ装置、高度なデジタル編集ソフトウェア、3Dプリンター等の最新設備も含まれるようになっている。また、設計やプログラミング等のスキル習得を奨励するスペースが、包括的な大学での学習経験の価値ある側面と考えられるようになっている[vii]。教育機関は、学習と実社会の機会を結びつけて、人脈を広げ資金を調達しようとする学生をサポートするインキュベーターやイノベーションハブも構築しつつある。ノッティンガム大学中国寧波校のインキュベーターセンターは、無休で解放されており、閉ざされた会議室は数部屋しかない。その開放的な設計は、利用者の間にコミュニティ意識を育み、アイデアのシームレスな交流を促進している。このスペースは、特別なプログラムやイベントを通じて、学生や教職員と地元の新興企業、投資家、行政の代表者とを結びつける場でもある。[viii]

政策、リーダーシップ、実践への影響

複数の組織が、設計プランが利用しやすさに関する政策に準拠していることを確認するためのリソースを提供している。リハビリテーション法の第504条および障害を持つアメリカ人法の第2章(公共サービス)と第3章(公共施設での取扱い)に基づいて、米国の大学は障害のある学生に対して高等教育への平等かつ統合されたアクセスを提供しなければならず、これには物理的スペースおよびデジタルラーニングスペースの双方が含まれる。全米盲人連合(National Federation of the Blind)は、教育機関が利用できる無料のオンラインリソースを提供している。さらに多くの大学が、独自の作業部会や政策を設定している[ix]。例えば、カリフォルニア州立大学ノースリッジ校のユニバーサル・デザイン・センターは、学内のコミュニティと連携して、誰もが利用しやすいようにする配慮を日常の活動に組み込んでおり、リソース作成時には音声、文字、動画等の複数の伝達手段を使用している。大学の購買プロセスでも、購入前に誰もが利用しやすい製品であるかどうかを評価するよう職員に求めている[x]

この分野の先端を行く組織はベストプラクティスを公表して大学のリーダーによる学習スペースのビジョン実現をサポートしている。JISCの学習スペースガイドは、環境の評価と設計を対象としたガイドであり、事例集やフォトライブラリーも充実している。このガイドは、計画策定のプロセスを誰もが利用しやすい要件および多様性受容の要件と共に組織全体の指導と学習戦略に落とし込むことが必要であると述べている[xi]。FLEXspace はもともと、学習スペースの設計に関する情報を見つけて共有する事に関して教育機関を支援するSUNYシステムが作成したオープン型の教育リソースである。ユーザーは、スペースで行われる活動タイプ、スペース内の技術設備、構造上の技術的要件の3つの分類法を使用してコンテンツを検索できる。このリソースは、EDUCAUSEが開発した学習スペース格付けシステムのコンパニオンツールとしても利用できる。大学はまず自分たちのスペースの将来性を採点して成功を見極めてから、次にFLEXspaceを利用して効果的な優先事項例を特定できる[xii]

教育機関は、校内すべての学習スペースが現在どのように使用されているかを分析して、学生や教員からのフィードバックを活かそうとしている。また同時に専門能力開発の機会を提供して、新しく改装した学習スペースを革新的な指導に対応させるよう奨励している。ニューサウスウェールズ大学のアクティブラーニング用スペースのパイロット・プロジェクトは、様々な学部の教員を動員して、レイアウトを変更できる椅子・机や様々なAV 装置を備えて情報のやり取りや協働を可能にした新しい学習スペースをテストした。このスペースを使用した関係者にその体験を評価させることで、このプロジェクトは継続的に進化している[xiii]。英国サリー大学のアクティブラーニング用スペースのプロジェクトチームは、教員がより柔軟に活動して学生とのやり取りを活発に行えることを狙ったスペース設計を採用している。例えば、Microsoft Surface のハブを活用して、その部屋にいるだれでもが自分のラップトップやタブレットをワイヤレスでスクリーンに映すことができるようにしている。同大学は、この新しい学習スペースと合わせて、反転授業による指導やアクティブラーニングのアプローチに関するワークショップも提供している[xiv]

推薦文献

学習スペースの再設計についてさらに学びたい方のために、以下の記事および資料を推薦する。

すべての人のための構築

go.nmc.org/buildfor

(ユニバーサルデザインのセンター・オブ・エクセレンス、2017年1月11日アクセス)アイルランドのユニバーサルデザインのセンター・オブ・エクセレンスは、環境設計とその構成が誰にとっても使いやすいようにするための推奨事項とベストプラクティスを紹介している。 

BSUの共同作業ができる学習スペース

go.nmc.org/bsucollab

(ボイシ州立大学、2017年1月24日アクセス)ボイシ州立大学の英文学部は、従来のコンピューター教室を共同作業ができる学習スペースに再設計した。あらゆるワイヤレス機器をSolstice技術に接続して、教員と学生はコンテンツをストリーミング配信したり、6名のモニターのだれとでもファイルを共有できる。このスペースには、注目が集中する中心ポイントがなく、机や椅子を簡単に動かしてレイアウトを変えることができる。

学習スペース改善特別委員会の報告

go.nmc.org/wismad

(ウィスコンシン大学マディソン校、校長、2016年3月)ウィスコンシン大学マディソン校は、技術が実現するアクティブラーニング法をより多く取り込めるようにするための同校の学習スペース改装を支援する目的で、学習スペース改善特別委員会を立ち上げた。この報告は、同校の改善計画を紹介し、プロセス全体の手法がわかるようになっている。

指導・学習スペースを(再)設計するためのリサーチの情報に基づいた原則

go.nmc.org/mcgill

(Adam Finkelstein、Journal of Learning Spaces、2016年11月1日)マギル大学は、アクティブで共同作業を伴う指導や学習に関する組織的目標に基づいてキャンパスを改装するための枠組みを構築した。同大学は、他の教育機関にも学習スペースの設計と評価の指針となるリサーチの情報に基づく、自身の教育上の原則を確立することを推奨している。

英国高等教育の学習スペース用ツールキット

go.nmc.org/uktool

(大学情報システム協会)は、高等教育機関が新たな教授法を構築したり学習スペースを評価したり変革を実施する際にその機関にとっての実用的な指針となる学習スペース用ツールキットを策定した。

西オーストラリア大学のリード図書館の共同作業ゾーン

go.nmc.org/refurb

(西オーストラリア大学図書館、2017年1月24日アクセス)西オーストラリア大学は、築50年を迎える図書館スペースを、公式・非公式双方の学習に対して学生目線でアプローチできるスペースへと再設計した。技術に裏打ちされた様々なグループ学習ができるスペースに休憩専用ゾーンを併設した新しいリード図書館1F共同作業ゾーンは、学生が長時間学習に打ち込んでも快適でいられる空間となっている。

[i] http://www.csusm.edu/classrooms/

[ii] http://case.edu/hololens/

[iii] http://www.conferenceboard.ca/topics/education/commentaries/16-05-16/innovation_in_learning_spaces_how_we_are_reinventing_the_classroom.aspx

[iv] http://www.bizedmagazine.com/archives/2017/1/features/business-schools-teach-with-telepresence

[v] http://www.edtechmagazine.com/higher/article/2016/08/colleges-transform-campus-sites-high-tech-spaces

[vi] https://campustechnology.com/articles/2016/06/08/designing-learning-spaces-for-innovation.aspx

[vii] https://ww2.kqed.org/mindshift/2016/02/05/what-colleges-can-gain-by-adding-makerspaces-to-its-libraries/

[viii] http://www.nottingham.edu.cn/en/news/2016/unnc-launches-incubator-centre.aspx

[ix] https://nfb.org/higher-education-accessibility-online-resource-center

[x] http://www.edtechmagazine.com/higher/article/2016/10/universal-design-does-your-campus-comply

[xi] https://www.jisc.ac.uk/guides/learning-spaces

[xii] https://campustechnology.com/articles/2016/05/17/flexspace-sharing-the-best-of-learning-space-design.aspx

[xiii] https://www.learningenvironments.unsw.edu.au/content/PALS

[xiv] http://www.surrey.ac.uk/tel/news/160634_active_learning_spaces.htm