NMC Horizon Report > 2017 Higher Education Edition (Japanese)
>高等教育における技術導入の妨げとなる重大な課題
>>解決困難な課題:課題を理解しているが、解決策は明確になっていない

教育格差

解決困難な課題:課題を理解しているが、解決策は明確になっていない

要旨

序文

高等教育へのテクノロジー適用を推進する重要な傾向

長期間にわたる傾向:今後5年以上の期間にわたる高等教育の変化を推進

 > イノベーション文化の進展
 > より深い学習アプローチ

中期間の傾向: :今後3-5年の高等教育の変化を推進

 > 学習度測定への注目の高まり
 > 学習スペースの再設計

当面の傾向:今後1-2年の高等教育の変化を推進

 > ブレンド型学習デザイン
 > 協調学習

高等教育における技術導入の妨げとなる重大な課題

解決可能な課題:課題を理解しその解決方法も分かっている

 > デジタル・リテラシーの向上
 > フォーマル/非公式学習の統合

解決困難な課題:課題を理解しているが、解決策は明確になっていない

 > 教育格差
 > デジタルエクイティ(公平性)の向上

深刻な課題:取り組むのはおろか、定義すらできないほど複雑な課題

 > 知識の陳腐化の管理
 > 教育者の役割の再考

高等教育向けの教育テクノロジーにおける重要な発展

導入ホライズン:1年以内

 > 適応学習テクノロジー
 > モバイル学習

導入ホライズン:2年から3年以内

 > モノのインターネット(IoT)
 > 次世代 LMS

導入ホライズン:4年から5年以内

 > 人工知能(AI)
 > ナチュラルユーザーインターフェース(NUI)

調査手法

2017年高等教育専門家パネル

教育格差、または大学卒業格差は、社会経済的なステータス、人種、民族、性別で分けられた学生グループ間の入学および成績の格差を意味する。[i]教育用ソフトウェアやオープン教育リソース(OER)等の新たな技術の発展が学習リソースの利用を容易にしている一方で、低所得層、マイノリティ、片親の家庭、その他の社会的弱者層の学生の間には、学習機会へのアクセスと公平性に関する重大な問題が存在している。従来の高等教育のパラダイムである画一的なアプローチは、高騰した授業料と共に、ますます多様化する世界の学生とはまったくの対照を成しており、より柔軟性の高い学位授与の枠組みが必要となっている[ii]。高等教育が直面している課題は、中等教育後のプログラムをより深い学習の成果および21世紀のスキル習得に沿って調整して、あらゆる学習者のニーズに応えることである。そしてこれを可能にするのは、目標達成と有給の雇用を促進する個人に合わせた学習戦略およびデータに基づく学生サポートシステムである。

概要

教育は、世界中で最も重要な「通貨」になっている。何らかの形で大学の学位を取得することは、生活できるだけの賃金を稼ぎ、長い人生で仕事上の成功を収めるために不可欠である。推定になるが、現在の職の85%、また最も急速に成長しており最も高賃金の職の90%は高等教育を必要としている。製造業の職は今までは大学の学位を取得していない労働者にとっては魅力的な職であったが、今では中等教育後のトレーニングやスキルを必要とするケースが増加している[iii]。残念ながら、最も発達した先進国でも学生の成績に関する問題を抱えている。例えば、米国で現状付与できる資格や学位の数は、米国経済が2025年までに必要とする数に対して、少なくとも1,100万も足りない[iv]。同時に、その米国経済のニーズを満たそうとする学生の約半数が最終的には学位取得を諦めている。ホワイトハウスの報告によると、高所得世帯の全人口の半数は、25歳までに学士号を取得するが、低所得世帯ではわずか10人に1人しか取得していない[v]。この格差問題は、ブラジルではさらに顕著であり、成人のわずか43%しか高等教育を受けていない[vi]

さらに、OECD が定期的に調査している40ヵ国のうちの多くの国で、男性よりも女性の方が高等教育プログラムの卒業率が高い。リトアニアでは高等教育プログラムを受講した女性の66.2%がそのプログラムを修了しているのに対し、男性は38.6%に留まっている[vii]。一方米国では、1980年代以降のすべての学士号の半数以上を女性が取得している[viii]。プログラムを修了せずに途中であきらめてしまう状況を悪化させているのが、従来の学生の枠にあてはまらない学生の増加である。すなわち、経済的に自立していない、片親である、正社員/パートタイマーとして働いている学生たちであり、22歳から39歳の大学生の数が急速に増加している[ix]。こうした学生が1年目で脱落する率は、従来の学生の2倍を上回る[x]。オンライン学習、ブレンド型学習、個人に合わせた学習、適応学習等は、ますます脱落率を改善するソリューションと見なされるようになっている。[xi]ウェスタン・ガバナーズ大学とサザンニューハンプシャー大学が実証したコンピテンシーベースの教育モデルは、オンライン学生に彼らのキャリア上の目標に関連した具体的なスキルを習得させることで、彼らが中途退学せずに就職に必要な知識・技能を習得できるようにサポートすることを目的としている[xii]

学生の成績格差には、社会経済的な要因も影響している可能性がある。ペル高等教育機会研究所は最近、上位50%の高所得層世帯で育った24歳が保有する学士号が、米国で授与された学士号の77%を占め、年収3万5,000ドル未満の下位25%の低所得層の学生は10%のみであったと報告している[xiii]。さらに、連邦助成金を受ける資格のある低所得層の学生は、私立の教育機関に入学できる可能性が3倍になったが、卒業率は奨学金を必要としない学生と比べると格段に低い[xiv]。その結果として、ペル高等教育機会研究所は、ペル奨学金の上限を5,800ドルから1万3,000ドルに引き上げること、ならびに低所得層の大学生のために考案された連邦プログラムの拡大(現在は有資格学生のうちわずか10%しか参加していない)を推奨している。ノルウェー、ドイツ、スロベニア等の国では、無料の公立の高等教育を提供することで、貧富の格差に対応している[xv]

政策、リーダーシップ、実践への影響

各国政府は大学の修了率・卒業率の改善を重要事項として大規模なイニシアチブや研究に着手している。オバマ政権は、授業料の値上げ対策や学生目線のキャンパスイノベーション促進に取り組む計画を発表した[xvi]。これにより学生は、3ヵ月早く奨学金を確保できるため、より賢明な入学の判断をしやすくなる[xvii]。欧州委員会(EC)は、「Dropout and Completion in Higher Education in Europe(欧州の高等教育におけるドロップアウトと卒業)」という報告書で、学位取得の障害となる要因について調査している。この報告書では、単位を別のプログラムに移動させる柔軟性が、卒業に影響を与えることを明らかにしている。北欧諸国では、学生は学位を別の学位に簡単に切り替えられるが、英国では単位の移動ですら広く受け入れられには至っておらず、最初に自分に合わないプログラムを選んでしまった学生のドロップアウトの要因となっている。さらに、多くの教育機関でデータ取集の技術インフラが整備されておらず、適切な教育サポート手段構築の障害となっている[xviii]

従来の入試や入学手続きの枠を超えた就学の様々なルートを推進する取り組みが期待されている。オーストラリアはこの分野における先進国であり、低収入層の学生や移民二世など家族で初めて大学へ進んだ者の学生の卒業率が向上している。両親が大学へ進学しなかった25-34歳の市民の40%(米国はわずか14%)が学位を取得している[xix]。学校、大学、オーストラリア政府が協働するFast Forwardプログラムは、高校での成績が芳しくなくても、有望な学生に対して第三期教育(高等教育)を受けるための通常以外の方法についての早期情報を提供している[xx]。学生は、Australian Tertiary Admission Rank(オーストラリア高等教育入学ランク:各州が別々に行っているテストを、標準偏差を使った各教科の偏差値からランク付けして大学入学の基準とするシステム)の標準化されたテストスコアに依存しなくても、オンラインコースに登録して高校で培った知識を大学で活かし、非公式な学習で習得したスキルを実証したり、eポートフォリオを提示できる[xxi]。各教育機関は、Fast Forwardプログラムの助成金を獲得し参加資格を得るために、各機関の戦略が学生の学習面での成功をどのように改善するのかについての詳細を明確に示す必要がある。

教育機関は、在学率向上の戦術向けに情報収集するために、学生の学習意欲をモニタリングして、退学の可能性を予測する技術ソリューション開発に着手しつつある。テキサス大学サンアントニオ校(UTSA)のIT事務局は、EllucianのDegreeWorksプラットフォームを利用して、学習課題を作成して学位と市場価値のあるスキル取得に向けた進捗状況をトラッキングすることで学生を支援している。2016年秋、UTSA は、教育審議会のStudent Success Collaborative Campus(学習成果向上のための協力キャンパス)を立ち上げて、学生アドバイザーが、複数のシステムからのデータを落ちこぼれになる恐れのある学生を対象に設計されたプラットフォームにまとめて、学習者にさらに綿密に合わせたサポートを提供できる環境を整備した。[xxii]クイーンズボーロコミュニティ・カレッジは、学生サポートサービスのバーチャルネットワークを構築し、アカデミック・リテラシー・センター、キャンパス・ライティング・センター、カレッジ・ディスカバリー・センター、数学学習センター、学生学習センターをStarfish Early Alertと結びつけた。学習者は、このインフラを利用して、リアルタイムでフィードバックおよびそれぞれのニーズに応じた推奨リソースを受け取ることができる。[xxiii]

推薦文献

教育格差についてさらに学びたい方のために、以下の記事および資料を推薦する。

公平を説くのではなく、公平に行動する高等教育の教員を支援する

go.nmc.org/notpreach

(Joseph A. GarciaおよびEstela Mara Bensimon、The Denver Post、2016年5月27日)アフリカ系・ラテン系・先住アメリカ人の大学入学を推進する計画だけでは、学位取得格差の問題を解決できない。大規模な教育機関の取り組みに焦点をあてるよりも、教員一人一人の行動を再考する必要がある、と筆者は主張している。

人種や民族グループの教育の2016年の状況と傾向(PDF

go.nmc.org/iesnces

(Lauren Musu-Gilletteら、米国教育省内教育科学研究所、全米教育統計センター、2016年8月)米国教育省が委託した報告書が経時的な推移を表にして、特定のグループの教育の進歩や課題を詳述している。一部の社会的に恵まれないグループの状況が近年改善されていることが見て取れるものの、他のグループの教育格差は依然として改善されていない。

ラテンアメリカの多くの国では、大学の学位は依然として遠い夢である

go.nmc.org/remotedream

(Carolina Guzmán-Valenzuela、Times Higher Education、2016年7月7日)一部のラテンアメリカの国には取り組みや投資の拡大の建設的な影響が見受けられるが、不平等さが一掃されたわけではない。私立大学の増加が、低所得世帯の家計にどうしようもないほどの負担を課そうとしている。

シカゴの貧しい黒人の子供が大学の学位を取得するために必要なこと

go.nmc.org/whatitta

(Rebecca Klein、The Huffington Post、2016年9月30日)これは、治安の悪さで有名なシカゴ近郊に住む二人の学生、Krishaun BranchとRobert Hendersonの教育の記録である。予想に反して、主に学校や制度の効果的なサポートシステムのおかげで2名の学生は大学の学位を取得した。 

大学生が落ちこぼれになり始める瞬間

go.nmc.org/tcf

(Thomas BaileyおよびShanna Smith Jaggars、The Century Foundation, 2016年6月2日)準備不足の学生が好成績を収められるように支援するためにリソースを投じることがコミュニティカレッジでの彼らの成績向上にさほど効果がないことを示唆する証拠がある。この報告書は、様々な教育機関の4つの改革の取り組みを検証し、学生の学習経験を再設計する必要があると結論付けている。

南アフリカの学生はなぜ抗議しているのか?

go.nmc.org/whyaresa

(BBCニュース2016年10月4日)南アフリカでは授業料が10-12%値上げされたため、この数ヵ月、アパルトヘイト終了後最大の学生運動が繰り広げられている。高等教育の無料化を求めて抗議活動を行っている学生の多くは低所得世帯出身であり、授業料値上げは差別であると主張している。

[i] http://www.nea.org/home/20380.htm

[ii] https://www.eab.com/research-and-insights/continuing-and-online-education-forum/expert-insights/2016/non-traditional-student-success

[iii] http://www.tonywagner.com/69

[iv] http://fortune.com/2015/06/03/bill-gates-college-grads/.

[v] http://www.ecampusnews.com/technologies/underserved-chicago-adaptive-737/.

[vi] http://portal.unesco.org/geography/es/files/13662/12960781625TOM_-_Brazil%27s_Ed_System_EN.pdf/TOM%2B-%2BBrazil%27s%2BEd%2BSystem_EN.pdf (PDF)

[vii] https://data.oecd.org/eduatt/graduation-rate.htm#indicator-chart

[viii] http://www.nationalreview.com/article/425506/gender-gap-college-fatherless-households

[ix] http://nces.ed.gov/pubs2015/2015025.pdf (PDF)

[x] https://www.eab.com/research-and-insights/continuing-and-online-education-forum/expert-insights/2016/non-traditional-student-success.

[xi] http://er.educause.edu/articles/2016/3/how-personalized-learning-unlocks-student-success

[xii] http://www.usnews.com/opinion/knowledge-bank/2016/02/17/the-approaching-revolution-of-competency-based-higher-education

[xiii] http://www.pellinstitute.org/downloads/publications-Indicators_of_Higher_Education_Equity_in_the_US_2016_Historical_Trend_Report.pdf (PDF)

[xiv] http://www.theatlantic.com/education/archive/2016/04/the-growing-wealth-gap-in-who-earns-college-degrees/479688/

[xv] http://www.investopedia.com/articles/personal-finance/080616/6-countries-virtually-free-college-tuition.asp

[xvi] http://www.ed.gov/college

[xvii] http://blog.ed.gov/2015/10/latinosachieve-when-we-believe-in-them/

[xviii] http://ec.europa.eu/dgs/education_culture/repository/education/library/study/2015/dropout-completion-he_en.pdf (PDF)

[xix] http://time.com/90399/how-australia-beats-the-u-s-for-graduating-low-income-college-students/

[xx] https://www.westernsydney.edu.au/fastforward

[xxi] https://myfuture.edu.au/career-insight/alternative-pathways-to-higher-education

[xxii] https://www.utsa.edu/today/2016/08/oitipass.html

[xxiii] http://www.qcc.cuny.edu/starfish/