NMC Horizon Report > 2017 Higher Education Edition (Japanese)
>高等教育における技術導入の妨げとなる重大な課題
>>解決可能な課題:課題を理解しその解決方法も分かっている

フォーマル/非公式学習の統合

解決可能な課題:課題を理解しその解決方法も分かっている

要旨

序文

高等教育へのテクノロジー適用を推進する重要な傾向

長期間にわたる傾向:今後5年以上の期間にわたる高等教育の変化を推進

 > イノベーション文化の進展
 > より深い学習アプローチ

中期間の傾向: :今後3-5年の高等教育の変化を推進

 > 学習度測定への注目の高まり
 > 学習スペースの再設計

当面の傾向:今後1-2年の高等教育の変化を推進

 > ブレンド型学習デザイン
 > 協調学習

高等教育における技術導入の妨げとなる重大な課題

解決可能な課題:課題を理解しその解決方法も分かっている

 > デジタル・リテラシーの向上
 > フォーマル/非公式学習の統合

解決困難な課題:課題を理解しているが、解決策は明確になっていない

 > 教育格差
 > デジタルエクイティ(公平性)の向上

深刻な課題:取り組むのはおろか、定義すらできないほど複雑な課題

 > 知識の陳腐化の管理
 > 教育者の役割の再考

高等教育向けの教育テクノロジーにおける重要な発展

導入ホライズン:1年以内

 > 適応学習テクノロジー
 > モバイル学習

導入ホライズン:2年から3年以内

 > モノのインターネット(IoT)
 > 次世代 LMS

導入ホライズン:4年から5年以内

 > 人工知能(AI)
 > ナチュラルユーザーインターフェース(NUI)

調査手法

2017年高等教育専門家パネル

インターネットの到来とともに、ほぼどんなことでも思い通りに学習できるようになり、自主的な好奇心に基づく学習への関心が高まっている。[i] インフォーマルな学習は、こうした種類の学習活動を網羅いるだけでなく、実際の生活体験やその他の予期しない学習形態も包含し、学生に彼らの好奇心を追求することを奨励して学生の学習意欲向上に役立っている。専門家の多くは、学習のフォーマル/非公式手法のブレンドが実験気質、好奇心、そして創造性を育む環境を構築できると考えている[ii]。最も重要な目標は、すべての学生と教員の生涯学習の追求を啓発することである。高等教育機関は、入学以前の学習(prior learning)、ならびに雇用、兵役、カリキュラム以外の経験を通じて得た能力に対して単位を認定する柔軟なプログラムの実験を開始しているが、教室の外で習得したスキルを正式に資料化して評価し、新たなタイプの学位を選択できるような価格体系や学資援助のモデルを適用するためのスケーラブルな方法が欠如している[iii]

概要

市場の圧力および速いペースの技術開発に晒された労働者は、継続的に彼らのスキルを進化させ最新状態を保つよう迫られており、このため労働者の生涯学習は必須となりつつある。世界人口の40%超がインターネットにアクセスする現在[iv]、非公式なオンライン学習を利用する機会が普及しその真価を享受しなければ、フォーマルな教育の意義を維持できないことが認識されつつある。意欲旺盛な学習者が特に技術分野のスキルを磨くためにw3schools、lynda.com、YouTubeなどのプラットフォームのオンライン学習リソースを活用し始めたのはそれほど最近の話ではない。インターネットは、ファイナンシャルプランニングから医薬品の歴史、さらには、自転車の組み立てなどの実践的な活動まで様々なテーマの学習オプションで満ち溢れている。しかしながら今のところ、非公式な知識の習得をフォーマルな学習に組み入れることは、単位を与える非公式な学習の構成要素に関してのコンセンサスが取れていないこと、さらに教室外での学習を資料化するスケーラブルな方法がないことがネックとなって実現していない。

学生は、各自の具体的なニーズに有益な学習リソースの特徴とそれを最大化する方法を知っておく必要がある。学習機関には、学生に自主的な学習経験を推奨して、彼らを認証やデジタルバッジを提供するオンラインコース、または図書館、博物館、カルチャーセンターが発行する公的資料などの利用可能な様々なリソースを彼らに紹介することが求められている非公式な学習経験は、学校での学業の範囲外の新たな領域に学生を導いて、今までにない知識や人々との結びつきを可能にする。学習機関は、より多くの学生にそのような機会を提供できる唯一の立場にある[v]。例えば、ハンボルト州立大学の図書館は、実用的なツールを使用して活動できるドロップインスペースであるLibrary Brain Boothを利用して、留意、注意、熟考の効果に関する国際的な科学研究を進めている。学習者は、目立たない経験に基づいた環境で、意図的に頭脳を休ませることの効用を調査できる[vi]

フォーマル/非公式学習を統合する鍵は、様々な実験的学習経験で習得した知識やスキルの評価と認証を支える一貫した方法を確立することである。学生は、適切なインフラが整備されていれば、従来の学位よりも透明性があり包括的な方法で能力と成果を簡単に証明できる[vii]。例えば、Coursera でオンラインマーケティングコースを受講して商品のキャンペーンを企画した学生は、取得した具体的なスキルの説明と様々なメディアの関連資料へのリンクを効率的に提示でき、学生アドバイザーや就職希望先の雇用者に自らの能力をより正確にアピールできる。大学、オンライン学習のプロバイダー、産業界のリーダーが創造的に連携することは、幅広い様々な能力の評価を進めていくうえで極めて重要である。The National Coalition of Certification Centers (認証センター全国連合)は、コミュニティカレッジと地元の企業をつないで、移動可能で累積でき教育機関からも企業からも同様に支持される技術認証を確立し導入しようとしている[viii]

 政策、リーダーシップ、実践への影響

欧州委員会は、非公式な学習の評価がこれらの学習経験の成果の可視化および適切な価値を高めることを認識して、影響力のある政策の前例を確立しようとしている。欧州委員会は最近、教育活動評価の取り決め構築・実施に関わる関係者、政策立案者、実践者に向けて、「European Guidelines for Validating Non-formal and Informal Learning(非公式学習評価の欧州ガイドライン)」を発表した。[ix] The European Centre for the Development of Vocational Training(職業訓練発展のための欧州センター)は相前後して、各国が非公式学習の評価という難題にどのように対応しているのかの概要がわかるデータベースを作成した。[x]米国教育省は、Education Quality through Innovative Partnerships (革新的パートナーシップを通した教育の質)を始動させた。学生はこの取り組みを通じた学資援助を、サービス・製造業のマネジメントやモバイル・ウェブ開発等の従来なかった領域・性質の非公式学習に使用できる。同省はまた、こうした新たなプログラムの成果をサポート・トラッキングするための新たな評価メカニズムのパイロットを実施している[xi]

非公式学習の課題を解決するには、教育界のリーダーたちはその意義を明確にして教育機関に非公式学習を彼らのカリキュラムに統合するよう指示する必要がある。VINCE プロジェクトには、高等教育機関、職業訓練機関、研修プロバイダー、NGO、独立した品質評価機関等の様々な分野から13のパートナーが参画しており、全パ―トナーが、非公式な学習経験を評価して継続的な教育を受けやすくして、その成果を労働市場へのアクセスを拡大するためにそれぞれの役割を果たしている[xii]。一方欧州では、学習関係者の連合が、「Bologna Open Recognition Declaration: a Call for a Universal Open Architecture for the Recognition of Lifelong Learning Badges(ボローニャオープン認定宣言:生涯学習の成果を認定するためのユニバーサル・オープン・アーキテクチャの呼びかけ)」を発表した。この連合は、ソーシャル・インクルージョン、雇用適性、世界人口のモビリティ、および世界の発展の実現手段としての生涯学習の実現と認定を重視している[xiii]

教育機関もまた学校全体の取り組みとして非公式学習の認定を現状の教育活動に組み込むよう努力している。オーストラリアのマッコーリー大学は、入学以前の学習を認定する政策を打ち出して、学生が労働、社会、家族、趣味、レジャー活動や体験、さらにその他の非公式なプログラムやコースでの非公式な学習で単位を取得できる枠組みを提供している[xiv] 。ダブリン大学トリニティ・カレッジも、学生のアクセスとモビリティ促進の幅広い取り組みの一環として入学以前の学習を認定する戦略を展開している[xv]。テキサス A&M大学コマース校は、コンピテンシーベースのTexas Affordable Baccalaureate(TAB、テキサスの低価格での学士号取得)プログラムを整備して、入学以前の就労時の学習に単位を認定している。学生は、TABを利用して1学期あたりにより多くのコースの単位を取得でき時間と学習費を節約できる[xvi]。こうした非公式な学習の先端を行く大学が、それぞれのキャンパスで様々な学習経験を評価する取り組みを継続しているが、大規模なソリューション実現のために、幅広い教育機関や分野にまたがった共同の取り組みも今後非常に重要になってくる。

推薦文献

フォーマル/非公式学習の統合についてさらに学びたい方のために、以下の記事および資料を推薦する。

看護におけるデジタルバッジ

go.nmc.org/dbnursing

(CSUCIの看護におけるデジタルバッジ、2017年1月24日アクセス)カリフォルニア州立大学チャンネルアイランド校の看護におけるデジタルバッジは、患者の安全性への配慮から学生の研究まで、フォーマルな看護カリキュラムで培ったものではない看護学生のスキルや能力を評価・認証するプロジェクトである。

より質の高い学習と指導に向けたフォーマル/非公式な学習背景の統合

go.nmc.org/contex

(Daniel Burgosら、ユネスコ-UNIR 情報通信技術 & 教育 LATAM会議、2016年)ユネスコ-UNIR情報通信技術& 教育 LATAM会議は、非公式な学習を正式な教育プログラムに統合することに焦点をあてている。これは、関連する問題や考察の概要を提供するために選んだ論文集である。

学習:非公式な学習の文献のレビュー

go.nmc.org/reconc

(Michelle Van Noy、ACT Foundation、2016年4月)この研究は、学習がインストラクター主導または自主学習かに関わらず、場所、コンテンツとカリキュラム、さらに学習者の熱意に基づいた一連の手順で行われる学習の枠組みを使用して、非公式な学習を認証する戦略を分析・提供している。

非公式な学習スペースでの学習成果を評価する

go.nmc.org/outcomesin

(Jessica Morley、HASTAC、2016年3月22日)非公式な学習は、従来注意が行き渡らなかった学生により良い教育機会を提供できる。教育機関や教育者がより多くのデータにアクセスするにつれて、彼らは個々の学生の体験に合わせて学習機会を調整できるようになる。

オンライン学習リソースを利用した自主的な非公式学習において学習意欲を引き出す要因

go.nmc.org/inself

(Donggil SongおよびCurtis J. Bonk、Cogent Education、2016年6月22日)非公式な学習に関するウェブサイトおよびオンライン学習のリソースを利用する学習者に関するこの調査は、インタビューした自主的な学習者の学習意欲、障害、学習目標を考察している。

非公式な学習の評価スコットランドの総体的アプローチ

go.nmc.org/Scotlan

(Andrew McCoshan、ヨーロッパにおけるアダルトラーニングの電子プラットフォーム、2016年8月15日)スコットランドは、アクセス、柔軟性、品質保証の価値に基づいて構築されたスコットランドの国家資格フレームワーク、Scottish Credit and Qualifications Framework内に組み込まれた堅固な入学以前の学習認証アプローチを導入している。

[i] http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0747563213003075

[ii] http://infed.org/mobi/informal-learning-theory-practice-and-experience

[iii] https://www.academicimpressions.com/news/current-state-competency-based-education-us

[iv] https://hostingfacts.com/internet-facts-stats-2016/

[v] http://etale.org/main/2016/06/29/learning-that-sticks-is-usually-informal-implications-for-school/

[vi] http://libguides.humboldt.edu/brainbooth

[vii] http://www.forbes.com/sites/gradsoflife/2016/06/13/are-digital-badges-the-new-measure-of-mastery/#c17b9ed23aec

[viii] https://assets.aspeninstitute.org/content/uploads/files/content/upload/NC3%20Case%20Study.pdf (PDF)

[ix] http://www.qqi.ie/Publications/European%20guidelines%20for%20validating%20non-formal%20and%20informal%20learning%20-%20CEDEFOP%202015.pdf (PDF)

[x] http://www.cedefop.europa.eu/en/publications-and-resources/data-visualisations/european-database-on-validation-of-non-formal-and-informal-learning

[xi] https://www.whitehouse.gov/blog/2016/08/16/testing-access-low-income-students-new-generation-higher-education-providers

[xii] http://www.discuss-community.eu/validation-of-informal-learning-3/item/282-vince-validation-for-inclusion-of-refugees-and-migrants-in-european-higher-education.html

[xiii] http://www.openrecognition.org/

[xiv] http://www.mq.edu.au/study/admissions/recognition-of-prior-learning

[xv] https://www.tcd.ie/teaching-learning/assets/pdf/RPL%20Policy%20Final.pdf (PDF)

[xvi] http://er.educause.edu/articles/2016/12/competency-based-education-saving-students-time-and-money