NMC Horizon Report > 2017 Higher Education Edition (Japanese)
>高等教育における技術導入の妨げとなる重大な課題
>>解決可能な課題:課題を理解しその解決方法も分かっている

デジタル・リテラシーの向上

解決可能な課題:課題を理解しその解決方法も分かっている

要旨

序文

高等教育へのテクノロジー適用を推進する重要な傾向

長期間にわたる傾向:今後5年以上の期間にわたる高等教育の変化を推進

 > イノベーション文化の進展
 > より深い学習アプローチ

中期間の傾向: :今後3-5年の高等教育の変化を推進

 > 学習度測定への注目の高まり
 > 学習スペースの再設計

当面の傾向:今後1-2年の高等教育の変化を推進

 > ブレンド型学習デザイン
 > 協調学習

高等教育における技術導入の妨げとなる重大な課題

解決可能な課題:課題を理解しその解決方法も分かっている

 > デジタル・リテラシーの向上
 > フォーマル/非公式学習の統合

解決困難な課題:課題を理解しているが、解決策は明確になっていない

 > 教育格差
 > デジタルエクイティ(公平性)の向上

深刻な課題:取り組むのはおろか、定義すらできないほど複雑な課題

 > 知識の陳腐化の管理
 > 教育者の役割の再考

高等教育向けの教育テクノロジーにおける重要な発展

導入ホライズン:1年以内

 > 適応学習テクノロジー
 > モバイル学習

導入ホライズン:2年から3年以内

 > モノのインターネット(IoT)
 > 次世代 LMS

導入ホライズン:4年から5年以内

 > 人工知能(AI)
 > ナチュラルユーザーインターフェース(NUI)

調査手法

2017年高等教育専門家パネル

技術の生産的・革新的な使用を抜きにして、21世紀の職場や様々なシーンで成功することは極めて難しい[i]。デジタル・リテラシーとは、単に個々の技術スキルをマスターすることに留まらず、デジタル環境をより深く把握して、新しい状況に技術を直感的に適応して周囲の人々とコンテンツを協力して構築できる能力を意味している[ii]。教育機関には、学生のデジタル・シティズンシップを育成し、責任ある適切な技術の使用に精通させる義務があり、その内容には、オンラインコミュニケーションのエチケット、ブレンド型・オンライン学習環境を始めとする先進の学習モデルにおけるデジタル著作権や責任などが含まれる[iii]。この新たな種類の能力は、カリキュラム設計、職能開発、学生向サービス・リソースに影響を与えつつある。デジタル・リテラシーを構成する要素はあまりにも多岐にわたるため、高等教育のリーダーは、デジタル・リテラシーの能力育成のために教育機関全体の支持とすべての関係者のサポートを取り付けるように迫られている。教育機関は枠組みを構築することで、現行スタッフの能力評価、成長分野の特定、デジタル・リテラシー導入戦略の策定を実施しやすくなる。

概要

将来に備えて学生に学習させることは、高等教育の核心的な使命である。デジタル・リテラシーには、単に学生に最新技術を使えるように指導するだけではなく、特定の状況に適切なツールを選択し、学習成果を向上させて創造的な問題解決に取り組むスキルを育成することも含まれる[iv] 。この分野の活動で影響力のあるJISC は、デジタル・リテラシーという言葉を幅広く「デジタル社会で生活、学習、労働するために個人に適合する能力」と解釈している[v]。デジタル・リテラシーは、ウェブ上の情報を批判的に評価する能力も含んでいる。スタンフォード大学の研究者は、「若者のオンライン情報の評価(civic online reasoning)」スキルについて調査し、学部生がソーシャルメディアで提供されるコンテンツの信頼性と公平性の判断において問題を抱えていることを明らかにした[vi]。最近の米国大統領選挙期間中に捏造ニュースが流されたことを考えれば、注意深くメディア情報を評価・選別して使用するスキルを育成することがいかに重要であるかがわかる[vii]

最近NMCが開催したデジタル・リテラシーに関するオンラインセミナーでは、大きな課題となっているのは、共同責任の推進およびカリキュラム全体にわたるデジタル・リテラシー育成に向けた包括的アプローチの考案であることが、同セミナーのパネリストの一致した見解となった[viii]。教育機関全体の戦略的計画策定にデジタル化の課題を組みいれることは必須であり、その一方でリーダーのビジョンには、個人の成長を促進するための取り組みを包含しなければならない[ix]。教員がそれぞれの担当分野にデジタル・リテラシーを応用するのを推進するために専門能力開発と継続的なサポートは欠かせない。JISC は、教職員と学生が共同してイノベーションを推進し、一方ではすべての関係者のデジタルスキルを向上させることを推奨し、協力し合うアプローチを計画するための手引き書を発行している[x]。デジタル能力の枠組みを通じて、デジタル環境における課題を克服するために必要な様々な関連スキルが明らかになっており[xi]、そこには個人がそれぞれの強みを評価してさらに能力を構築していくためのリソースにアクセスする際に役立つ自己分析ツール等が含まれている[xii]

指導、学習、研究、イノベーションの分野に加えて、学校図書館もこの問題への取り組みに活発な役割を果たしている。例えば、ウェスタンシドニー大学の図書館は、デジタル・リテラシーの個別指導と自己分析活動を通じて学生の高次思考スキルの向上をサポートしている[xiii]。多くのデジタル・リテラシープログラムが進行中であるが、より包括的な当事者意識や行動が必要であり、その行く手はまだまだ険しい。教育機関の打ち手としては、緊急を要するが達成可能な行動を優先して、あらゆる層の職員が彼らのスキルを大学のデジタル関連の課題に貢献できるようなスキルに変換するのを奨励することがあげられる。デジタルスペースを構築してそこに参加することで、セキュリティ、プライバシー、開放性等の様々なデジタル・リテラシーの問題を顕在化させることができる。デジタル格差の広がりに対応するイニシアチブは、学生が事実を確認し新たなストーリーの補足情報を共有する場を提供している。協働できるwikiは、米国州立大学協議会のサポートを得てワシントン州立大学バンクーバー校が監修した教育機関を横断する取り組みの成果である。どのコースのインストラクターもwikiにアクセスして、デジタル・リテラシー向上のために学生への課題を作成できる[xiv] 

政策、リーダーシップ、実践への影響

デジタル・リテラシーの推進は、世界経済にも深い影響を与える。各国政府は、労働者の能力開発に関するデジタル戦略が転換期にあることを認識しつつある。欧州委員会は、2020年までに適格者のいないIT職が75万を超えると報告している。Digital Skills and Jobs Coalition initiative(デジタルスキルと職の連立イニシアチブ)は、デジタルスキルの不足に取り組み、質の高い教材を利用しやすいようにする政策を整備するようEC 加盟国に指導している。[xv]政策立案者は、カリキュラムを最新のものにする取り組みを支援するために、DigComp の枠組みを利用できる。この枠組みは、デジタル知識の評価および対象にした教育イニシアチブ設計の支援のためのデジタル能力を明確にするものである[xvi]。シンガポール政府はSkillsFutureを導入している。これは将来に備えたスキルを育成し労働市場でのグローバルな競争力を培うための国家的イニシアチブである。SkillsFuture Creditのオンラインポータルのコースとトレーニングメニューには、デジタルマーケティング、データ解析、ソーシャルメディア等のIT関連トピックが含まれている[xvii] 。2016年には200万人を超えるシンガポール人が、ポータルで利用できるコース受講に際して500ドルの政府補助金を付与されている[xviii]

教育機関のリーダーたちは、広く利用できる研修教材を作成してこの問題を解決しようとしている。アイルランドの大学は、ベストプラクティス共有の精神で、指導と学習に関する個人および仕事でのデジタル能力を変革するプロジェクトを共同で進めている。このプロジェクトでは、社会政策教育者(social policy educator)がデジタル技術への習熟度に関する調査を実施して、それに続いて教員と学習技術者が、専門能力育成の研修を共同で設計して、技術に裏付けられた学生目線の指導と学習のアプローチの適用を促進する。支持者は、デジタル推進派として貢献し、指導法を全面的に見直す人々を支援するためにストーリーを共有してデジタルバッジの普及を進める[xix]。一方で、英国の技術系雇用者の連合であるTech Partnershipは、職場で成功するためのデジタルスキルの規格を構築中である。この規格は、ベンチマークを最も満たす教育プログラムの開発に指針を提供するものであり、能力は技術スキルと能力スキルの2つに分類される。基本的な技術スキルとしては、情報管理、セキュリティ、生産性を向上する技術等があり、行動スキルには協力やクリティカルシンキングが含まれる。

エジンバラ大学は、オープン・ナレッジ・リソースの利用を推進して学生のクリティカルアセスメントのスキルを改善するために、ウィキペディアン・イン・レジデンスを招聘している。[xx]レジデンスは、ウィキペディアのエディッタソン(edit-a-thons)、調査と翻訳のワークショップ、優れたデジタル・スカラーシップ育成のための研修等のイベントを開催する[xxi]。同大学は、「デジタルナレッジの23のポイント」と題した学習者自身のペースで進められるコースも提供して、デジタルセキュリティ、ツイッター、拡張現実、仮想現実等のトピックを紹介している。このコースに参加する学生や職員は、自分のブログとコースのウェブサイトをリンクして、学習プロセスを共有できる[xxii]。ノースウェスタン大学は、「デジタルラーニングの学長フェローシップ」を通じて教員のイノベーションを表彰し、技術やデジタル環境を活用して学生の学習を促進するプロジェクトに資金を提供している。表彰されたイニシアチブのひとつでは、学生は米国で学ぶ中国人の学習経験を調査してそのストーリーを様々なメディア形態と言語で発表している[xxiii]

推薦文献

デジタル・リテラシーの向上についてさらに学びたい方のために、以下の記事および資料を推薦する。

11のデジタル・リテラシーの神話を覆す

go.nmc.org/digimyth

(Leah Anne Levy、南カリフォルニア大学、2016年5月2日)この論文は、教室で技術が果たす役割、教室のワークフローに及ぼす技術の影響、専門家レベルの能力獲得のニーズの認識についての教育者に共通する懸念を考察している。インストラクターは、カリキュラム全体を通じて学生のクリティカルリーズニング・スキルを構築しデジタル能力を応用させるために技術を活用するよう促されている。

産業界のデジタル変革:社会的な意味合い(PDF

go.nmc.org/wefdigi

(世界経済フォーラム、2016年1月)デジタル技術が躍進するなか、このレポートは、雇用創出、自動化、環境維持等への絵協の可能性を精査しており、デジタルスキル不足に取り組むために大規模な行動が必要であると強く主張している。産学の連携と官の進行中のイニシアチブが考察されている。

 

デジタル情報リテラシーの組込みを通じて学生の第3期教育のブレンド型学習経験を強化する

go.nmc.org/digimbed

(Bettina Schwenger、Journal of Perspectives in Applied Academic Practice2016年)ブレンド型学習の指導者は、学習者目線のアプローチを適用して、コース全体を通じて継続的なサポートを提供することで、学生のクリティカルシンキングスキルを向上させて彼らの独立を促進できる。

デジタル・コネクティッドラーニング時代の教員の能力開発

go.nmc.org/untether

(Jill LeafstedtおよびMichelle Pacansky-Brock、EdSurge2016年12月15日)カリフォルニア州立大学チャンネルアイランド校は、革新的な「解き放たれた」アプローチを通じて教員の能力開発を変革している。オンライントレーニングをより使いやすくして、内省を促し、デジタルラーニングブログへの投稿を通じて情報を共有することで、このプログラムは、開放性を追求し教育者間のつながりを深める。

1年目の体験プロジェクト

go.nmc.org/fye

(ケープタウン大学、2017年1月12日アクセス)ケープタウン大学の学生は、デジタル・リテラシーの自己評価を実施してさらにトレーニングを積むべき領域を正確に確認する。一方、上級生は、「技術サポーター」として技術スキル構築を支援する。

 大学教員のデジタル力を高めるピアトレーニングモデル

go.nmc.org/georgefox

(Linda Samekら、ジョージ・フォックス大学、2016年2月)ジョージ・フォックス大学のデジタル力イニシアチブは、ピアツーピアのモデルを使用して、自らが関心を持ち目標とする教育関連技術の推進を図ろうとする教員を支援する。

[i] http://www.forbes.com/sites/jordanshapiro/2015/10/31/five-technology-fundamentals-that-all-kids-need-to-learnnow/#1a712e397c8c

[ii] http://blog.core-ed.org/blog/2015/10/what-is-digital-fluency.html

[iii] http://www.digitalcitizenship.net/Nine_Elements.html

[iv] http://er.educause.edu/articles/2016/3/from-written-to-digital-the-new-literacy

[v] https://www.jisc.ac.uk/guides/developing-digital-literacies

[vi] https://sheg.stanford.edu/upload/V3LessonPlans/Executive%20Summary%2011.21.16.pdf (PDF)

[vii] http://www.npr.org/2016/12/14/505547295/fake-news-expert-on-how-false-stories-spread-and-why-people-believe-them

[viii] https://youtu.be/UnrUTPb-Bfs?list=PLVwavmSEaasH_twUVwJ-zhSo38lewevY9

[ix] https://ec.europa.eu/jrc/en/digcomporg/framework

[x] https://www.jisc.ac.uk/guides/developing-successful-student-staff-partnerships

[xi] https://www.jisc.ac.uk/rd/projects/building-digital-capability

[xii] https://discoverytool.jisc.ac.uk/discovery-tool/57f5af9013b67a9a177f2ff1/intro

[xiii] https://www.westernsydney.edu.au/studysmart/home/digital_literacy

[xiv] http://digipo.io/

[xv] https://ec.europa.eu/digital-single-market/en/news/digital-skills-core-new-skills-agenda-europe

[xvi] https://ec.europa.eu/jrc/en/publication/eur-scientific-and-technical-research-reports/digcomp-20-digital-competence-framework-citizens-update-phase-1-conceptual-reference-model

[xvii] http://www.skillsfuture.sg/

[xviii] http://www.straitstimes.com/singapore/education/starting-jan-1-singaporeans-aged-25-and-above-will-get-500-credit-to-upgrade

[xix] http://www.teachingandlearning.ie/transforming-personal-professional-digital-capacities-teaching-learning-contexts-collaboration-social-policy-educators-students-learning-technologists/

[xx] http://www.ed.ac.uk/information-services/about/news/wikimedian-in-residence

[xxi] http://thinking.is.ed.ac.uk/wir/

[xxii] http://www.23things.ed.ac.uk/

[xxiii] http://www.northwestern.edu/provost/faculty-honors/digital-learning-fellowships/index.html