NMC Horizon Report > 2017 Higher Education Edition (Japanese)
>高等教育における技術導入の妨げとなる重大な課題
>>深刻な課題:取り組むのはおろか、定義すらできないほど複雑な課題

教育者の役割の再考

深刻な課題:取り組むのはおろか、定義すらできないほど複雑な課題

要旨

序文

高等教育へのテクノロジー適用を推進する重要な傾向

長期間にわたる傾向:今後5年以上の期間にわたる高等教育の変化を推進

 > イノベーション文化の進展
 > より深い学習アプローチ

中期間の傾向: :今後3-5年の高等教育の変化を推進

 > 学習度測定への注目の高まり
 > 学習スペースの再設計

当面の傾向:今後1-2年の高等教育の変化を推進

 > ブレンド型学習デザイン
 > 協調学習

高等教育における技術導入の妨げとなる重大な課題

解決可能な課題:課題を理解しその解決方法も分かっている

 > デジタル・リテラシーの向上
 > フォーマル/非公式学習の統合

解決困難な課題:課題を理解しているが、解決策は明確になっていない

 > 教育格差
 > デジタルエクイティ(公平性)の向上

深刻な課題:取り組むのはおろか、定義すらできないほど複雑な課題

 > 知識の陳腐化の管理
 > 教育者の役割の再考

高等教育向けの教育テクノロジーにおける重要な発展

導入ホライズン:1年以内

 > 適応学習テクノロジー
 > モバイル学習

導入ホライズン:2年から3年以内

 > モノのインターネット(IoT)
 > 次世代 LMS

導入ホライズン:4年から5年以内

 > 人工知能(AI)
 > ナチュラルユーザーインターフェース(NUI)

調査手法

2017年高等教育専門家パネル

教育者は、デジタルラーニングのリソースや教育用ソフトウェア等の多種多様な技術ベースのツールを使用し、オンラインディスカッションや共同オーサリングに取り組むことをますます期待されている。さらに、プロジェクト解決型・問題解決型学習のようなアクティブラーニング手法を取り入れることも任務のひとつとなっている。このように学生目線の学習への移行に伴い、教育者は、案内役や進行役としての役割を果たすように求められている。[i]さらに、学生のニーズに対して教育体験をさらにカスタマイズするコンピテンシーベースの教育の台頭に伴う学習の進化も教育者の課題のひとつである。こうした技術が実現するアプローチが勢いを増すにつれて、世界中の教育機関の多くが教育者の主な責任を再考している。こうした動きに関連して、社会変化および終身在職権を持たない講師が教えるクラスの割合が増える教員構成モデルの変化による影響を予想する声が、大きくなりつつある。

概要

「より深い学習アプローチ」のセクションで詳述したように、高等教育機関は、アクティブラーニングと問題解決型学習を推進する活動をますます教育に組み入れつつある。教育者の義務は、学習経験のキュレーションのできる世話役、すなわちより質の高い研究姿勢を育みさらに深遠な課題に取り組むように学生を促す役目へと変わりつつある[ii]。能力ベースの教育(CBE)のような個人とそれぞれの状況に合わせた学習が広まるなか、教育者は、もはや唯一の正式な情報源ではなく、学生がコンテンツとスキルに熟達するよう彼らをサポートすることを求められている[iii] 。RPKグループのCBEに関する調査では、従来の教員モデルが解体されれば、さらに専門化を追求でき、特定の科目を教える専門家にメンターの職務を兼任させることを止めたり、学習評価の専任教員を設定できることが明らかになっている[iv] 。CBE は教員に直観的ではない方法で仕事を進めるよう要求するが、それは彼らにとって簡単ではない。メリーハーディン大学ベイラー校での実験では、CBE のカリキュラム開発はコンテンツ以前に評価方法の設計が必要になることが分かっている[v]

新しい学習アプローチは、キャンパスでますます一般的になり、数々の社会変化が教育者の役割に影響を与えている。教員の専門能力開発に関するAcademic Impressionsの調査では、教員は指導と学習の破壊的変化に遅れずについていくだけでなく、学生層の変化、入学状況の変化、さらにグローバル化された21世紀の労働環境で通用するスキルを卒業生に習得させることを要求する関係者からの圧力に対処しなければならないことが強調されている[vi]。バングラデシュのソートリーダーは、先進国および発展途上国の経済的繁栄は、大学がスキルを備えた労働力を輩出するかどうかにかかっており、伝統的な教育システムは創造的で実社会の課題に取り組むために適切なスキルを備えた卒業生をより効果的に実社会に送り出せるように進化しなければならないと指摘している[vii]

高等教育機関が重視するものとその価値を優先させる方法の間に矛盾があることが、この深刻な課題をさらに悪化させている。大学の学長を対象にしたギャラップ社の調査によると64%の学長が最も重要な教員の役割は指導であると考えており、論文・著書等の発表・出版や研究が最も重要な責務であると考えているのはわずか1%であった[viii]。しかし学識経験者は、パートタイムや終身在職権を持っておらず、意欲が低い教員が増えており、彼らの離職率は高く、指導の質は下がり気味である一方、終身地位が保証された教員は、学生への指導能力よりも主に研究等の学術的成果に基づいて評価されると指摘する[ix]。全米教育協会(NEA:National Education Association )は、これらの見解を支持しており、公立大学では講義を担当する教員のわずか30%のしか終身地位が保証されておらず、大半が学期毎に雇用される非常勤講師であると述べている。NEA は、終身地位が保証されていない教員を適切にサポートしなければ、学生の成績にも悪影響を及ぼすと主張している[x]

政策、リーダーシップ、実践への影響

21世紀の学習者のニーズ、特に働くためのスキル取得や起業の分野でのニーズに遅れずについていこうとする教育者への支援においては、政府による措置が重要となる。アーカンソー州の高等教育は、そのモデルへの批判にもかかわらず[xi]、資金調達の枠組みを新たに構築して大きく変わろうとしている。この枠組みは、新入生数に基づく資金調達ではなく、卒業生数に焦点をあてており、学校の運営方法の変更ならびに教員の役割の再考が必要になる。州政府の意図は、高等教育と働くためのスキル・資格等の習得の結びつきを強化することにある[xii] 。EC の教育と訓練2020(ET 2020)戦略の枠組みもまた、労働力としてのスキル不足に取り組む教育者を支援するために考案されている[xiii]。 ET 2020が推進するイニシアチブ、HEInnovate の目的は、それぞれの環境の革新的性質を自己評価する教育機関に指針となる基準を提供することであり、そこには組織的能力、知識の交換と協力、起業家精神にあふれた指導と学習等が含まれるる[xiv]

ノースカロライナ大学システム

教育を扱う組織や機関は、現場での指導方法を改善するために革新的な教授法を活用する方法を理解しようとする教育者を支援するソリューションを協力して考案しつつある。National Research Center for Distance Education and Technology Advancements(DETA:通信教育と技術の進歩に関する国立研究センター)は、学習と指導の効果に影響する要因特定のために通信教育に関する厳格な調査を実施する大学を支援するために設立された。彼らは、リサーチモデル、アンケート調査の手段、データコードブック等を含むDETAリサーチ・ツールキットを提供している。教員や教育機関はこのツールキットを利用して、一貫した利用しやすい方法で調査を進めることができる[xv]。能力ベースの教育ネットワーク(C-BEN)は、米国の大学コンソーシアムのひとつで、CBE(能力ベースの教育)学位プログラムの設計と拡大を目的としている。17の教育機関から成るこのネットワークは、先進のCBEに証拠に基づくアプローチを提供するために調査と開発に着手する予定である。[xvi] C-BENは最近CBEの8項目の品質基準を発表し、この新分野の高品質プログラムの設計と拡大を発表した。

技術を創造的に使用して、現場での実際の指導法を変革しようとする教育者を支援する取り組みも進行中である。メリーランド大学ユニバーシティカレッジ校は、知識を覚えることに基づく方法から経験に基づく学習とコンピテンシーへと同校の指導法を移行するために3年にわたるイニシアチブを進めている。これは指導に関する校風を根本的に変える取り組みである。このイニシアチブでは、教員は様々なスキルのなかでも特にデータ解析、チーム力学のモニタリング、IT 問題の管理に経験のあるプロジェクトマネージャーのように考えることが求められる。[xvii]オーストラリアのメルボルン大学は最近、産学の連携を強化する目的で新たな教員職を新設した。最初に任命されたのは、エンジニアリング、経済、美術等の様々な分野にわたる事業者の教員等であった[xviii]

推薦文献

教育者の役割の再考についてさらに学びたい方のために、以下の記事および資料を推薦する。

コンピテンシープログラムにおける教員の役割は、今も進化している

go.nmc.org/facrol

(Dian Schaffhauser、Campus Technology、2016年12月1日)この記事は、CBEコンテンツの作成と実施に関する役割と責任に関する調査を検証している。調査担当者は、調査対象の教育機関の少なくとも75%が学生の関心を引き付けて彼らを辞めさせないようにすることが主な課題だと考えていることを確認した。

I公開型および遠距離のeラーニングの問題と課題:フィリピンの視点

go.nmc.org/phili

(Patricia Arinto、International Review of Research in Open and Distributed Learning, Volume 17, No. 2(オープン型・分散型学習の研究に対する国際的なレビュー、17巻2号)、2016年2月)通信教育は、フィリピン大学オープンユニバーシティの指導に影響を与えている。この調査の対象となった教職員は、革新的な指導や学習方法に関心があるが、彼らは少数派であり、新たな指導法を追求していくためには教員のさらなる能力開発が必要であると考えている。

教員のモデル/役割を再考する:教授職の将来の方向性についての新たな共通認識

go.nmc.org/profess

(Adrianna Kezarら、TIAA研究所、2016年12月1日アクセス)TIAA研究所が委託した調査員が、終身在職権を持たない教員の増加、ならびにそれに関連した将来の教員モデルへの影響の可能性とそうしたモデルの特徴について調査を実施している。

国際的な高等教育で研究者と指導実践者をサポートする

go.nmc.org/suppscho

(Bernhard StreitwieserおよびAnthony Ogden、NAFSA国際教育者協会、2016年)筆者は、世界の高等教育界の2つの存在、すなわち専門能力の教育を管理する指導実践者と研究を進めてそれを発表する研究者・学者を定義して、指導実践者と学者が双方の領域を繋いで学問分野と専門職の結びつきを強化するために両者の能力開発が必要であると主張している。

指導におけるプレゼンスと指導の円滑化

go.nmc.org/presence

(Norma Hansen、Faculty eCommons、2017年1月11日アクセス)オンラインコースで学ぶ学生の満足度と学習成果を高めるために、教員は学生とどのように関わるかを慎重に考える必要がある。この投稿は、オンラインでのプレゼンスを確立し強化すること、応答性等のオンラインコースでインストラクターがなすべき5つの原則があると主張している。

教員から始まるコンピテンシー重視への移行

go.nmc.org/shift

(Richard Senese、EdSurge、2016年3月24日)現在の大学生は、以前に比べて年齢が上がり多様化している。筆者は、こうした学生層の変化は、能力ベースの学習の進化とある程度関連していると述べている。能力ベースの学習の概念は、インストラクターの役割を変え、学生とより深く関わる機会を増加させる。

[i] http://www.downes.ca/post/65519

[ii] http://www.facultyfocus.com/articles/online-education/understanding-project-based-learning-in-the-online-classroom/

[iii] http://blog.blackboard.com/faculty-role-competency-based-education-vs-traditional-education/

[iv] http://rpkgroup.com/wp-content/uploads/2016/10/rpkgroup_cbe_business_model_report_20161018.pdf (PDF)

[v] http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/cbe2.1003/full

[vi] http://www.academicimpressions.com/sites/default/files/pd-report-2016.pdf (PDF)

[vii] http://www.thedailystar.net/op-ed/politics/rethinking-higher-education-1285114

[viii] http://www.gallup.com/services/194783/gallup-college-university-presidents-study-2016.aspx

[ix] http://www.gallup.com/opinion/gallup/195569/restoring-university-faculty-role-teaching-student-service.aspx

[x] http://www.nea.org/home/68481.htm

[xi] https://tcf.org/content/report/why-performance-based-college-funding-doesnt-work/

[xii] http://talkbusiness.net/2016/08/higher-education-and-workforce-readiness-need-entrepreneurship-building-blocks/

[xiii] http://ec.europa.eu/education/policy/strategic-framework_en

[xiv] https://heinnovate.eu/about

[xv] http://www.pearsoned.com/education-blog/studying-the-effectiveness-of-online-learning-needs-to-continue/

[xvi] http://www.cbenetwork.org/about/

[xvii] https://www.edsurge.com/news/2016-07-30-umuc-s-blueprint-for-designing-a-culture-of-constant-innovation

[xviii] http://newsroom.melbourne.edu/enterpriseprofessors