NMC Horizon Report > 2017 Higher Education Edition (Japanese)

高等教育における技術導入の妨げとなる重大な課題

要旨

序文

高等教育へのテクノロジー適用を推進する重要な傾向

長期間にわたる傾向:今後5年以上の期間にわたる高等教育の変化を推進

 > イノベーション文化の進展
 > より深い学習アプローチ

中期間の傾向: :今後3-5年の高等教育の変化を推進

 > 学習度測定への注目の高まり
 > 学習スペースの再設計

当面の傾向:今後1-2年の高等教育の変化を推進

 > ブレンド型学習デザイン
 > 協調学習

高等教育における技術導入の妨げとなる重大な課題

解決可能な課題:課題を理解しその解決方法も分かっている

 > デジタル・リテラシーの向上
 > フォーマル/非公式学習の統合

解決困難な課題:課題を理解しているが、解決策は明確になっていない

 > 教育格差
 > デジタルエクイティ(公平性)の向上

深刻な課題:取り組むのはおろか、定義すらできないほど複雑な課題

 > 知識の陳腐化の管理
 > 教育者の役割の再考

高等教育向けの教育テクノロジーにおける重要な発展

導入ホライズン:1年以内

 > 適応学習テクノロジー
 > モバイル学習

導入ホライズン:2年から3年以内

 > モノのインターネット(IoT)
 > 次世代 LMS

導入ホライズン:4年から5年以内

 > 人工知能(AI)
 > ナチュラルユーザーインターフェース(NUI)

調査手法

2017年高等教育専門家パネル

以降で考察する6つの課題は、デルファイベースの討論、調整、投票サイクルで、プロジェクトの専門家パネルにより選択された。専門家パネルでは、これらの課題が解決に至らない場合、ひとつまたは複数の新技術導入の妨げとなる確率が非常に高くなる、という点で意見が一致している。討議の完全な記録および関連資料は、専門家パネルが使用するオンラインの作業サイトに記録され、horizon.wiki.nmc.org/Challengesに保存されている。

すべての課題が同じスコープではないため、話し合いは、課題の性質別に3つのカテゴリーに分けられている:1)解決可能な課題:課題を理解しその解決方法も分かっているもの、2)解決困難な課題:課題を理解しているが、解決策は明確になっていないもの、3)深刻な課題:取り組むのはおろか定義すらできないほど複雑な課題で、解決にはより多くのデータや知見が必要になるもの、それぞれのカテゴリーの課題を特定したら、次にそれらの課題が政策、リーダーシップ、実践に関してどのような意味をもつのかを精査した。以下は、本セクションで詳細に考察し推薦文献を紹介する6つの重大な課題の要約である。

解決可能な課題:課題を理解しその解決方法も分かっているもの

デジタル・リテラシーの向上. 技術の生産的・革新的な使用を抜きにして、21世紀の職場や様々なシーンで成功することは極めて難しい。デジタル・リテラシーとは、単に個々の技術スキルをマスターすることに留まらず、デジタル環境をより深く把握して、新しい状況に技術を直感的に適応して周囲の人々とコンテンツを協力して構築できる能力を意味している。教育機関には、学生のデジタル・シティズンシップを育成し、責任ある適切な技術の使用に精通させる義務があり、その内容には、オンラインコミュニケーションのエチケット、ブレンド型・オンライン学習環境を始めとする先進の学習モデルにおけるデジタル著作権や責任などが含まれる。この新たな種類の能力は、カリキュラム設計、職能開発、学生向サービス・リソースに影響を与えつつある。デジタル・リテラシーを構成する要素はあまりにも多岐にわたるため、高等教育のリーダーは、デジタル・リテラシーの能力育成のために教育機関全体の支持とすべての関係者のサポートを取り付けるように迫られている。教育機関は枠組みを構築することで、現行スタッフの能力評価、成長分野の特定、デジタル・リテラシー導入戦略の策定を実施しやすくなる。

フォーマル/非公式学習の統合.インターネットの到来とともに、ほぼどんなことでも思い通りに学習できるようになり、自主的な好奇心に基づく学習への関心が高まっている。インフォーマルな学習は、こうした種類の学習活動を網羅して

実際の生活体験やその他の予期しない学習形態も包含し、学生に彼らの好奇心を追求することを奨励して学生の学習意欲向上に役立っている。専門家の多くは、学習のフォーマル/非公式手法のブレンドが実験気質、好奇心、そして創造性を育む環境を構築できると考えている。最も重要な目標は、すべての学生と教員の生涯学習の追求を啓発することである。高等教育機関は、入学以前の学習(prior learning)、ならびに雇用、兵役、カリキュラム以外の経験を通じて得た能力に対して単位を認定する柔軟なプログラムの実験を開始しているが、教室の外で習得したスキルを正式に資料化して評価し、新たなタイプの学位を選択できるような価格体系や学資援助のモデルを適用するためのスケーラブルな方法が欠如している。

解決困難な課題:課題を理解しているが、解決策は明確になっていないもの

教育格差. 教育格差、または大学卒業格差は、社会経済的なステータス、人種、民族、性別で分けられた学生グループ間の入学および成績の格差を意味する。教育用ソフトウェアやオープン教育リソース(OER)等の新たな技術の発展が学習リソースの利用を容易にしている一方で、低所得層、マイノリティ、片親の家庭、その他の社会的弱者層の学生の間には、学習機会へのアクセスと公平性に関する重大な問題が存在している。従来の高等教育のパラダイムである画一的なアプローチは、高騰した授業料と共に、ますます多様化する世界の学生とはまったくの対照を成しており、より柔軟性の高い学位授与の枠組みが必要となっている。高等教育が直面している課題は、中等教育後のプログラムをより深い学習の成果および21世紀のスキル習得に沿って調整して、あらゆる学習者のニーズに応えることである。そしてこれを可能にするのは、目標達成と有給の雇用を促進する個人に合わせた学習戦略およびデータに基づく学生サポートシステムである。

デジタルエクイティ(公平性)の向上. デジタルエクイティ(公平性)は、テクノロジーへのアクセスへの不公平性、特にブロードバンドインターネットへのアクセスの不公平性を指すときに使用される言葉である。ユネスコの報告では、世界で32億人がインターネットを使用しているが、開発途上国に住む人々はわずか41%しかインターネットにアクセスしていない。さらに、世界でインターネットにアクセスする女性は男性よりも2億人少ない。国連は、インターネットへのアクセスが、2030年までに貧困と飢餓を軽減し、世界の保健衛生と教育を改善する国連の持続可能な開発目標を達成するために不可欠なテクノロジーであるとみなしている。この大々的に掲げられた社会正義的な課題は、開発途上国にだけ影響するわけではない。3,000万人を超えるアメリカ人が、現在高速インターネットにアクセスしていない。この問題を改善するための取り組みでは、社会の中で十分に活動に参加し、コミュニケーションをとり、学習することを推進する必要がある。テクノロジーは、過小評価されている学生には高等教育を受ける機会を増やし、障害のある学生にはウェブ教材を利用しやすくするという点で重要な役割を果たしている。オンライン学習は、高速インターネットへアクセスすることで可能になり、オープン教育リソースの使用は、学生にとって教育費の節約になる。

深刻な課題:取り組むのはおろか定義すらできないほど複雑な課題

知識の陳腐化の管理.教育のニーズ・ソフトウェア・機器が、急速に進化するなかで、教育環境を常に整備しかつ最新の状態に維持することは、教員にとって至難の業である。新しい技術が開発されれば、学習や教育活動の質の向上させる大きな可能性がもたらされる。しかし、教職員が新技術を習得したかしないうちに次の新しい技術が発表されるようである。教育機関は、技術に多額の資金を投じる前に、技術が教育界の激しい変化にどれだけの期間陳腐化せずにいられるか、ならびに陳腐化した場合の代替策を考えておく必要がある。また、選択されたどんなツールも測定可能な方法で学習成果を深めるために使用されなければならないということも教育機関にとっては別のプレッシャーとなる。高等教育のプロたちが効率的で洞察に満ちた方法で情報をふるいにかけて、解釈し、整理し、検索できるように、新しい技術と指導法の双方の開発プロセスを確立していく必要がある。また教育機関では、指導するよりも研究する方が昇進や在職資格の査定では重視されることが一般的になっており、このことが高い質の学習経験の設計の足かせとなっている。このため教員は、たとえ予算が十分でなくても、技術と指導法のバランスをとりながら、関連する専門能力開発に取り組む必要がある。

教育者の役割の再考. 教育者は、デジタルラーニングのリソースや教育用ソフトウェア等の多種多様な技術ベースのツールを使用し、オンラインディスカッションや共同オーサリングに取り組むことをますます期待されている。さらに、プロジェクト解決型・問題解決型学習のようなアクティブラーニング手法を取り入れることも任務のひとつとなっている。このように学生目線の学習への移行に伴い、教育者は、案内役や進行役としての役割を果たすように求められている。さらに、学生のニーズに対して教育体験をさらにカスタマイズするコンピテンシーベースの教育の台頭に伴う学習の進化も教育者の課題のひとつである。こうした技術が実現するアプローチが勢いを増すにつれて、世界中の教育機関の多くが教育者の主な責任を再考している。こうした動きに関連して、社会変化および終身在職権を持たない講師が教えるクラスの割合が増える教員構成モデルの変化による影響を予想する声が、大きくなりつつある。

以降のページでは、今年の専門家パネルが取り上げた各課題についての概要、政策・リーダーシップ・実践への影響、推薦文献を紹介する。