NMC Horizon Report > 2017 Higher Education Edition (Japanese)

調査手法

要旨

序文

高等教育へのテクノロジー適用を推進する重要な傾向

長期間にわたる傾向:今後5年以上の期間にわたる高等教育の変化を推進

 > イノベーション文化の進展
 > より深い学習アプローチ

中期間の傾向: :今後3-5年の高等教育の変化を推進

 > 学習度測定への注目の高まり
 > 学習スペースの再設計

当面の傾向:今後1-2年の高等教育の変化を推進

 > ブレンド型学習デザイン
 > 協調学習

高等教育における技術導入の妨げとなる重大な課題

解決可能な課題:課題を理解しその解決方法も分かっている

 > デジタル・リテラシーの向上
 > フォーマル/非公式学習の統合

解決困難な課題:課題を理解しているが、解決策は明確になっていない

 > 教育格差
 > デジタルエクイティ(公平性)の向上

深刻な課題:取り組むのはおろか、定義すらできないほど複雑な課題

 > 知識の陳腐化の管理
 > 教育者の役割の再考

高等教育向けの教育テクノロジーにおける重要な発展

導入ホライズン:1年以内

 > 適応学習テクノロジー
 > モバイル学習

導入ホライズン:2年から3年以内

 > モノのインターネット(IoT)
 > 次世代 LMS

導入ホライズン:4年から5年以内

 > 人工知能(AI)
 > ナチュラルユーザーインターフェース(NUI)

調査手法

2017年高等教育専門家パネル

2017年高等教育版NMCホライズン・レポートの調査と作成において用いたプロセスは、NMCホライズン・プロジェクトで実施された全調査を通して使用された手法に基づいている。NMCホライズン・レポートはどの版も、一次調査および二次調査の双方からの情報に基づいて作成される。レポートに含めることができるかどうか、何十もの有意な傾向、課題、テクノロジーにおける重要な動向を検証した上で、専門家パネルが本レポートで特集されている18のトピックを選定する。

国際的な専門家から成るパネルが広範囲に及ぶ重要な傾向、課題、および教育関連のテクノロジーにおける動向をまず検討し、それぞれを漸次精査し、最終リストの作成に至るまでこれらを絞り込んでいくというプロセスを経て、すべてのレポートが作成される。このプロセスはオンラインで行われ、NMCホライズン・プロジェクトwikiでその過程を見ることができる。このwikiは、プロジェクトの作業を覗き込むことのできる完全に透明な窓となり、作業の実施の様子をリアルタイムで示すだけでなく、2006年以来公表されてきた様々な版のそれぞれについて、作成プロセスの完全な記録をも包含するものとなっている。2017年高等教育版NMCホライズン・レポートのために利用されたwikiは、horizon.wiki.nmc.orgで参照できる。

今年は、5大陸、22カ国の教育とテクノロジーの専門家78名がパネルに参加した。その氏名と所属先は本レポートの末尾に記載されている。各専門家のバックグラウンドや経験は多種多様だが、本レポートで取り上げる各トピックについて、今後5年間で世界中の高等教育に大きな影響を与えるという見解で一致している。

修正デルファイ・プロセスに基づくレポートのトピック選択プロセスは、15年にもわたるNMCホライズン・レポートの作成の過程で改良が進められ、パネルの招集とともに開始した。パネルは、幅広い背景、国籍、関心と共に、関連専門知識を有する専門家により構成される。長年にわたるNMCホライズン・プロジェクトの調査で、国際的に認められている2,000人近くの実務家と専門家がパネルに参加しており、毎年、パネルメンバーの3分の1を入れ替えてフレッシュな視点を確保するようにしている。専門家パネルへの自薦・他薦を呼びかけており、推薦はgo.nmc.org/panelに提出することができる。

パネルが構成されたら、新聞や雑誌の記事、報告書、評論その他の資料など、テクノロジーの開発、傾向と課題、最新の研究と報告書などに関係する文献の体系的な調査からパネルの作業が始まる。パネルのメンバーには、プロジェクトの開始と同時に膨大な参考資料が渡され、次に、それら資料についてコメントし、さらに、特に検討する価値があると思われるもの、また資料に追加したほうがよいと思われるものを特定するよう求められる。

RSSフィードのレビューに続き、パネルはプロセスの焦点、となる、NMC Horizon Project の中核に当たる研究上の課題に取り組む。パネルは既存の応用と、明らかになっている傾向、課題やテクノロジー動向について議論する一方で、新しい問題についてのブレインストーミングも行う。あるトピックを今回の版に含めるかどうかの主な判断基準は、高等教育における授業、学習、および創造的探究にとってそれが妥当性を持ち得るかである。

調査の質問は次のように、パネルから興味深いテクノロジー動向、課題、および傾向の包括的なリストを引き出すためのものである。

  1. NMCホライズン・プロジェクトのリストに載っている教育テクノロジーの重要な動向のうち、今後5年の間で教育、学習または創造的探求に関連して最も重要なものはどれか。
  2. 教育テクノロジーの重要な動向のうち、我々のリストから抜け落ちてしまっているものは何か。以下の関連する命題を検討する。
    • a. 現在、一部の教育機関が採用している既存のテクノロジーのうち、教育、学習または創造的探求のサポートまたは向上のためにすべての教育機関が広く利用すべきである、と考えられるものはどれか。
    • b. 消費財、エンターテイメント、その他の産業において既にユーザー基盤を確立しているテクノロジーのうち、教育機関が積極的にその適用手法を探るべきものはどれか。
    • c. 今後4年から5年の間に、高等教育機関が注視を始めるべきところまで進展すると思われるテクノロジーは何か。
  3. 高等教育における教育テクノロジーの採用を加速することが予測されるのは、どのような主要傾向か。
  4. 今後の5年間で、高等教育における教育テクノロジーの採用を阻む重要な課題と考えられるものは何か。

第一段階では、専門家パネル各メンバーにより、調査の質問に対する回答が体系立ててランク付けされ、導入ホライズン内に位置付けられる。ここではメンバーが自らの選択を加重評価し分類できる複数投票システムが使われる。これらの回答の結果は、ひとつのランキングに集約され、その結果、最も大きな合意が得られたものが直ちに明らかになる。

いずれかのレポートのために当初検討された傾向、課題、テクノロジー動向の包括的リストの中から、各分野での最初のランク付けプロセスにおいて上位に選ばれた12のテクノロジーに関して、さらなる調査を行い掘り進めていく。この暫定結果が明確になったら、これらのトピックがカレッジや大学における教育と学習にどのように影響を及ぼすかについてさらに検討を重ねる。その際、実践者の関心を引くと思われる各トピックの実際の適用法、または適用の可能性を調査するのに相当の時間が割かれる。暫定結果残ったトピックはもう一度ランク付けされる。最終的に専門家パネルが選択したトピックを本レポートにおいて詳述している。