NMC Horizon Report > 2017 Higher Education Edition (Japanese)

要旨

要旨

序文

高等教育へのテクノロジー適用を推進する重要な傾向

長期間にわたる傾向:今後5年以上の期間にわたる高等教育の変化を推進

 > イノベーション文化の進展
 > より深い学習アプローチ

中期間の傾向: :今後3-5年の高等教育の変化を推進

 > 学習度測定への注目の高まり
 > 学習スペースの再設計

当面の傾向:今後1-2年の高等教育の変化を推進

 > ブレンド型学習デザイン
 > 協調学習

高等教育における技術導入の妨げとなる重大な課題

解決可能な課題:課題を理解しその解決方法も分かっている

 > デジタル・リテラシーの向上
 > フォーマル/非公式学習の統合

解決困難な課題:課題を理解しているが、解決策は明確になっていない

 > 教育格差
 > デジタルエクイティ(公平性)の向上

深刻な課題:取り組むのはおろか、定義すらできないほど複雑な課題

 > 知識の陳腐化の管理
 > 教育者の役割の再考

高等教育向けの教育テクノロジーにおける重要な発展

導入ホライズン:1年以内

 > 適応学習テクノロジー
 > モバイル学習

導入ホライズン:2年から3年以内

 > モノのインターネット(IoT)
 > 次世代 LMS

導入ホライズン:4年から5年以内

 > 人工知能(AI)
 > ナチュラルユーザーインターフェース(NUI)

調査手法

2017年高等教育専門家パネル

今後5年間で高等教育はどのように変化するだろうか。どのような傾向やテクノロジーの進展が、教育に変化をもたらすだろうか。最も重要な課題は何か。どのようにしたら、解決策の戦略を練ることが可能か。こうした問いや、テクノロジーの導入および教育上の変化に関する同様の疑問点に関して、総勢78名の専門家が共同研究や議論を行い、EDUCAUSE 学習イニシアチブ(ELI)と共同でNMC ホライズン・レポート2017年度高等教育版を作成した。NMCホライズン・レポートシリーズは、世界中の大学やカレッジにおける、今後5年間の革新的な実践やテクノロジーの影響を示すものである。本シリーズは、15年以上にわたり研究や刊行を継続しており、教育分野における新規テクノロジーの傾向および取り組みを調査する研究としては世界最長と見なすことができる。

本レポートで紹介する教育工学における6つの重要な傾向、6つの重要課題、さらに6つの重要な開発は、どれも高等教育における指導、学習、創造的探求に影響をもたらすものと考えられている。本レポートの中心となる3つのセクションは、教育者、高等教育リーダー、運営者、政策立案者、技術者向けの参考資料にもなっている。以下上位10項目は、18のトピックの裏付けとなる教育上の変化のより大きなテーマを捕らえたものである。

  1. 革新的な学習アプローチを前進させるには、組織文化の変革が必要。教育組織は、学生の成功を中心に考えた上で、フレッシュな意見交換の促進、キャンパス内外の成功モデルの特定、指導上のイノベーションに対する報酬を促すような体制を構築する必要がある。
  2. 雇用可能性や職場開発を促進するには、実社会でのスキルが必要。学生は、卒業して有給職を得ることを想定している。 教育組織は、テクノロジーを有意義な方法で組み合わせて、より深いアクティブラーニング経験およびスキルベースの指導を学生に提供する責任がある。
  3. 効果的なソリューションを広げていくには協調が重要。エビデンスベースのアプローチを展開していく上で、実践コミュニティ(Community of Practice)、学際的リーダーグループ(multidisciplinary leadership group)、オープンソーシャルネットワークが有用である。 教育組織および教育者は、互いに学び、より前進していくことができる。
  4. テクノロジーやオンライン教材の充実化にかかわらず、それらのアクセス性には依然として格差が存在。世界中で根強いこの格差が、一部の社会経済的地位、人種、民族、ジェンダーの学生グループの大学修了の妨げとなっている。 さらに、十分なインターネットアクセスについても、依然格差がある状態である。
  5. 個人レベルでスキルの細かな評価を行うプロセスが必要。適応学習テクノロジーや学習測定への集中的取り組みにより、組織の意思決定が促進されるとともに、各学生に合わせた学習経験のカスタマイズ化が進んでいる。今やリーダーは、職業能力、コンピテンシー、創造力、批判的思考力の獲得をどうやって評価するか検討しなければならない。
  6. テクノロジーの使い方を知っているだけでは、デジタル世界に通じているとは言えず。単独のテクノロジースキルを取得することにとどまらず、デジタル環境全体について深い理解が得られるような指導を行い、新たな状況でも直感的にテクノロジーを適用できる能力を身に着けさせるとともに、他者と協力してコンテンツを創出できるようにする。
  7. オンライン学習、モバイル学習、ブレンド型学習を避けて通ることは不可能。これらの既に広く行き渡った学習アプローチを統合していくための確固たる戦略を持たない組織は、今後生き残ってはいけない。 重要なステップは、これらの学習モデルがどれだけ学習成果を豊かなものにしているかしっかりと追っていくことである。
  8. 学習エコシステムは、将来の学習実践をサポートできるだけのアジャイルなものである必要がある。 LMSのようなツールおよびプラットフォームを用いる場合、教育者は、学習経験の各構成要素をすべて切り離した上で、ユニークかつ魅力的な方法でオープンコンテンツや教育アプリをリミックスしたいという願望を持っている。
  9. 高等教育は、より直感的なコンピューターを開発するインキュベーター。 人工知能(AI)やナチュラル・ユーザー・インターフェースがメインストリームで用いられるようになっていく中、大学は、より本物(=ヒト)に近い対応が可能な機械学習アルゴリズムや触覚(haptic)デバイスの設計を進めている。
  10. 生涯学習は、高等教育に不可欠な要素。 教育機関は、フォーマル/非公式学習両方において、教員、職員、学生のために、継続的学習を評価し、優先すべきである。

指導、学習、創造的探求の向上、支援、拡充に向けてテクノロジーの利用を考えている世界中の関係機関にとって、本研究で提示した情報が判断の参考になれば幸いである。世界中の教育界リーダーが、戦略的テクノロジー計画の参考資料としてNMCホライズン・レポート刊行物に期待を寄せており、本レポートの目的もまた、そうした期待に応えるためである