要旨

序文

高等教育へのテクノロジー適用を推進する重要な傾向

長期間にわたる傾向:今後5年以上の期間にわたる高等教育の変化を推進

 > イノベーション文化の進展
 > より深い学習アプローチ

中期間の傾向: :今後3-5年の高等教育の変化を推進

 > 学習度測定への注目の高まり
 > 学習スペースの再設計

当面の傾向:今後1-2年の高等教育の変化を推進

 > ブレンド型学習デザイン
 > 協調学習

高等教育における技術導入の妨げとなる重大な課題

解決可能な課題:課題を理解しその解決方法も分かっている

 > デジタル・リテラシーの向上
 > フォーマル/非公式学習の統合

解決困難な課題:課題を理解しているが、解決策は明確になっていない

 > 教育格差
 > デジタルエクイティ(公平性)の向上

深刻な課題:取り組むのはおろか、定義すらできないほど複雑な課題

 > 知識の陳腐化の管理
 > 教育者の役割の再考

高等教育向けの教育テクノロジーにおける重要な発展

導入ホライズン:1年以内

 > 適応学習テクノロジー
 > モバイル学習

導入ホライズン:2年から3年以内

 > モノのインターネット(IoT)
 > 次世代 LMS

導入ホライズン:4年から5年以内

 > 人工知能(AI)
 > ナチュラルユーザーインターフェース(NUI)

調査手法

2017年高等教育専門家パネル

NMC ホライズン・レポート 2017年高等教育版は

ニューメディア・コンソーシアム

EDUCAUSE 学習イニシアチブ

EDUCAUSE プログラム

の共著です。

ニューメディア・コンソーシアム(NMC)およびEDUCAUSEプログラムであるEDUCAUSE学習イニシアチブ(ELI)により、共同で実施されたものである。本レポートの作成にあたり、ELIが重要な役割を果たてくれたこと、またNMCホライズン・プロジェクトに強力なサポートを提供してくれたことに対して、大いに感謝したい。ELIに関する詳細情報はwww.educause.edu/eliを、NMCに関する詳細情報はwww.nmc.orgを参照されたい。

.

___________________________

© 2017, The New Media Consortium

ISBN 978-0-9986242-3-5

本レポートの日本語訳は、放送大学により作成されたものです。

クリエイティブ・コモンズ表示4.0ライセンスのもとで、原(著)作者が下記引用元に従って表示されることを条件として、本レポートを自由に複製、複写、頒布、展示すること、または本レポートの二次的著作物を作成することができます。本ライセンスは、creativecommons.org/licenses/by/4.0でご覧いただけます。

引用元

Adams Becker, S., Cummins, M., Davis, A., Freeman, A., Hall Giesinger, C., and Ananthanarayanan, V. (2017).  NMC Horizon Report: 2017 Higher Education Edition. Austin, Texas: The New Media Consortium.

謝辞

NMC は、本レポートのデジタル・リテラシーの向上 に関して貴重な意見を提供してくれたHelen Beetham、Steven J. Bell、Cheryl Brown、Jim Devine、Jill Leafstedt、Riina Vuorikari に感謝申し上げる。

表紙写真

ケース・ウェスタン・リザーブ大学(CWRU)、Bostwick AgencyおよびSextant Group CWRU のインタラクティブ教室。同大学は、米国有数の私立研究機関のひとつ。オハイオ州クリーブランドにキャンパスを構えるCWRU は、刺激的学習環境で進歩的な教育機会を独自に組み合わせ、学生に提供している。先進的教授陣が、コラボレーションを重視した現場環境で指導と研究に従事している。国内でも評価の高いプログラムには、人文科学、歯学、工学、法学、マネジメント、医学、漢語、医学、看護、社会福祉等がある。CWRUが掲げる”Think beyond the possible” コンセプトについては case.edu を参照されたい。

中・裏表紙

BigStock Photography